Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2012. 12. 27

人生は出会いと別れの連続ですな

みなさまお久しぶりです。

突然の報告ですが

本日あきと別れました。

自分にとって

別れというのは存在しない

家族のような間柄でありました。

なので

残酷なことにも

もし別れることがあれば

それは死別にしようと

そうすれば

思い出に浸ることもできれば

気持ちを大事にすることもできると

そう自分で解釈していました。

つまり

酷い話

自分の心の中であきを亡くそうと。

過去には存在するけど

未来には存在しない

そんな極端な選択をしようと思いました。

「別れよ」

それだけを直接伝えて去ろうとも思いましたが

それはあまりに一方通行なので

今日久々に会って話しをし

自分たちの今後についても二人で考えました。

うちはすべてを断ち切る予定でしたが

話し合いの中で

それは今決めることではないという結論に至りました。

今後の関係はなるようになると

そう思います。

ただこの関係があることで

誰かを傷つけるようなことがあれば

したいようにします。

とにかく

「別れ」には変わりないですが

良い形で終われたのではないかと思います。

これまで多くの方々にお世話になりました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。

またあきにも

成長の種をたくさんもらいました。

ありがとう。

互いにとって良き出会いであり

良き別れになることを願います。


見守り支えてくれている互いの両親には一層の感謝です。↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2012. 05. 03

体感時間

珍しくちょっとした自慢。

むちゃぶりで

ストップウォッチを渡され

何も見ずとも

自分の感覚だけで

どれほど10秒を正確に刻めるかを測った昨日。

その結果は・・・

10秒10でした!

その数字を見て

誰が一番驚いたかって

もちろんうちです(笑)

誰よりも10秒に近かったよ!

びっくりだよ!

最近

心の余裕があれば

時間さえもコントロールできる自分を感じてはいましたが

まさか秒も刻めるとは・・・。

ここ最近で一番驚いた瞬間でした。

若い人ほど時の流れは早いようですが

うちは年齢に関わらず

普遍的な時を刻んでいるようです。

話は変わって

自分の過去について。

ある人を見て

自分の過去が重なることがある。

今自分が生きているのは現在という時なのに

まるで過去に立ち戻ったような

過去の自分に出会ったような

そんな感覚を味わうことがあります。

あなたはまるであの時の自分だと

そう感じることがあります。

そんな今の自分は

あの時どれほど相手を傷つけ

どれほど自分は己の心地良さや

相手の優しさに甘えていたのかと

そう感じることがあります。

ようやく傷の深さや

相手の愛の深さを

実感を持って感じられている今であります。

今更ながらようやく受けた自分への戒め。

ここで逃げたら

あの経験で何を学んだのか

元も子もないとさえ思います。

あの時以来

うちは無闇に人に近づくことをやめ

自ら触れることさえもやめ

感情を押し殺して

独りを選んだ。

自分は独りでいるべき人間なのだと。

そうして今の自分がいます。

あのとき

傷つけてしまったけれど

そんな大切なことを教えてくれた人に

感謝するばかりです。

どれほど苦しかったのか

どれほどうちの知らないところで涙を流したのか

ようやく今

実感を持って知ることができました。

それほどの思いをしながらも

辛抱強く待ち

うちの愛を信じてくれ

そしてそれに純粋に甘んじていた自分を

恥ずかしく思うばかりです。

どうか

うちから電話したときに

誰も電話に出ないで欲しいものです。

うちがアンコントロールに陥っている最中であり

誰かを傷つけてしまう時であるからです。

多くの場合は

自ら手を伸ばすときほど

自己破壊的なことはない。

だから手を伸ばすことすら

諦めた自分。

でもそれではいけないと

学んだ昨今。

迷いながらも

揺らぎながらも

自分も相手も大切にできるところを

模索しよう。

たまには

私欲にも甘えよう。

それが自分にとって意外と酷ではあるけれど。

とにかく大事なのは

たぶんアセスメント。

養おう

自己指導能力!


時間の流れを早く感じる時ほど、楽しい時はない。↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2012. 04. 24

あなたも

残念ながら

うちも天使にだって悪魔にだってなれる。

誰にも見せられない目や

誰にも向けられない言葉や

誰にもできない行動があって

そんな自分を知ってるうちが

ただそれを選ばないだけ。

それはうちにとって

確かに誰かを傷つけるものであるから

自分の心地良さや

自分の都合のいいようにしないだけ。

そんなひねくれたうちに正しさを与えてくれるのは

周りの大切な人々。

ここぞというとき

メールをくれたり

電話をくれたり

そっと見守ってくれる。

どうか自分よ

そんな大切な人々を

守りなさい。

こんなブログを読んでくれているあなたもまた

そんな人の一人です。

そう

あなたも。


話は変わって、新たな出会いが無数にある毎日。
初対面の人の素直な質問。
「男ですか?女ですか?」
その質問にそろそろ飽きが生じている昨今です(笑)↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2012. 04. 22

少なくとも岐路ではないのだよ

奈良への帰路。

往路か復路か

それはうち自身もわからない。

酔ってても

自力で帰る帰路。

自力か自立か

それはうち自身もわからない。

いずれにせよ

それでも自分の家へ向かう帰り道。

大切な人を

大切な友達を

自分なりに大切にして

明日

いや今死んでも後悔のないように生きる。

それが歴史の薄いうちが

薄いなりに至った最前善の生き方。

そんな自分に

不甲斐なさや傲慢さや

その他もろもろを感じるのも事実。

自己中なのに自己中になりきれないうち。

まさに天の邪鬼。

それでも結構だよ。

うちは我が道を生きる。

例え友達に嫌われようとも

例え家族に愛情が故に伝わらなくとも。

うちは我が道を生きる。

後悔のないように。

醜くとも

悲しくとも。

とどのつまり

うちは恐るべき自己中(笑)

好きにすればいい

みなそれぞれに。

それでもうちを

愛してくれる人は信じる。

例え周りに心配をかけるとしても。

そんな自己中なうちを

どうか見守り信じて

支えてくれればと願います。

お世話をおかけして本当にすみません。

うちはこう見えてタフなので

だいじょーぶですよー(笑)

多くの方々の支えに感謝です。


なんせ体育会系なんで(笑)↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2012. 04. 14

うちらのことをちゃんと話そう

あるとき突然こんなメールがきた。

「うちらのことをちゃんと話そう」

そんなメールも話も未だかつてしたことないのに。

え?

まさか・・・?

ちなみにうちは何も話すことはないですけど。

中距離恋愛になってまだ半月ですけど。

でもその言葉が少し気になった。

「離れてても」

という嬉しいものなのか

はたまた

「別れよう」

という悲しきものなのか・・・。

真相を聞くこともせず数日が経ち

ようやく少し時間のできた今日

中距離恋愛のうちらは電話でその真相が明らかとなりました。

「何を話すん?」と素朴な疑問を投げかけたうち。

「なんやろなー。」と特に何もないあき。

そんなあきがなんとなく口にした言葉は

「恋人っぽくないけどこんなんでいいん?」

・・・はいーっ?それだけーっ?(笑)

なおさら話すことないですけどー!(笑)

そんなことかと

いやむしろそんなことならなんも問題ないですけど。

ゆっくり電話することもなく

メールも時間があるときにする程度

それぞれの予定があって

会いに行くことも容易にはできず

でも

それがなにー!?

「恋人っぽく」ってなにー!?(笑)

もうね

そんな時期はうちは終わりましたよ。

でね

いつそんなどきどきわくわくな時期があったかと

少し考えてみましたよ。

・・・ありました。

知り合って

話をして

会えない日でも会いたいと思う日々を過ごしていたころ。

昨年の5月頃でしょう。

勇気を出して飲みに誘って

会えたときの嬉しさ。

いやーあのときは恋人っぽかったのでしょう(笑)

互いに好きということは自覚していなかったけれど

飲みに行くのがデート感覚だったのでしょう。

中身はおっさんだけども(笑)

今は恋人っぽいことに枯渇してはおりません。

どきどきわくわくも期待してはおりません。

強いて言うならば

家族との暮らしから一人暮らしになったときのように

遠くに家族がいるだけにすぎません。

遠くにいる祖父母や両親や兄や姉や親戚や

そりゃ会えたら嬉しいけれど

遠くにいってもそばにいるだけが全てじゃない

そんな家族に近い感覚です。

だから何日会えなくても

何日連絡が取れなくても

その日にちを数えて寂しくなることはなく

ただ何かしら繋がっているのを感じる日々。



それでもやっぱり

電話の最後に

「らぶらぶしよっ」

なんて言われたときには

嬉しくなっちゃいましたけどねー(笑)


「らぶらぶ」ってどんなんー!?(笑)←
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2012. 03. 31

たびだちー!

今日

告白したその日から同棲が始まった

といっても過言ではないあきが家を出て行きました。

いってら!



別れたんじゃなくて

あきが就職の関係で神戸にて一人暮らしすることになったんでし!

出会ってまだ一年も経っていないのだけど

毎晩毎晩

一緒にご飯を食べ

議論し

ときに口論もあり

やけになり

それでも

同じ部屋で寝て

また朝には一緒にご飯を食べていました。

何度か

不愉快極まりないときには真夜中にも関わらず

「出てって。」

って言ったこともありました。

「去りたければ去れば。」

って言ったこともありました。

それでも

なんだかんだで出ていくことはなく

ずっと同じ家に暮らしておりました。

振り返ってみれば

そんな夜もあったけれど

あきと暮らし始めてからは

家も自分も明るくなり陽気になり

・・・騒がしくなりました(笑)

大声で笑ったり

ふざけたり

わけわかんない言動をしたり

そんなこともびっくりするほど増えました(笑)

4月からは

また静かな一人暮らし。

あきも初めての一人暮らし。

中距離恋愛になるけれど

それはとても良い機会で

大事な時間だと思っています。

それぞれの成長と活躍を願って。

つーしょっと


浮気すんなよーっ!↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2012. 03. 27

あなたをなんで好きかって?

突然ですが

なんだか昨今やたらあきが聞いてくるので

怒涛の旅行の日々を終え

新たな旅立ちの準備の合間ですが

なぜあなたを好きなのかと

改めて考えてみましたよー。

でも

考えれば考えるほど

実にシンプルなのでした。

というか

最初と変わんないのねー。

好きなのかどうかわからなかった当時

確信を持ったのは

なんでもないときにでも

あなたに「会いたい」と思ったことでした。

その気持ちがあれば

好きという感情を認めるのに十分でした。

つまりね

「会いたい」

と思う気持ちが今なお変わらずあることが

うちがあなたを好きだと思う理由。

答えになっちゃいないとつっこまれそうだけど

色々な話をしてきて

互いのいいとこもだめなとこも知って

大変なことも日々あるけれど

それでも変わらない大切なこと。

これがうちが返せる精一杯の答え。

本質を極める思考の能力や

あらゆる垣根を飛び越える跳躍力や

鋭い感性に憧れることもあるし

何より

うちを暗闇から引っ張りだしてくれたこと

これは非常にでかーいものだけど

じゃあそれを終えたらばいばいなのかと

そういう話になるのはおかしいし

ちょっとよくわかんなくなってきたけど

とりあえず

人間性うんぬんとか

関係性うんぬんとかで

「だから好き」

というにはなんだか足らない。

自分でもびっくりですがね。

でも

家族に対してなんで好きかを考えてみたら

やっぱり「なんで」かなんてなかなか答えられないのね。

同じように

あなたはそういう存在になっちゃったんです。

不思議なものね。

だから

もういい加減

破壊し逃げようとするのはよしてください。

あなたもうちを好きならば。

dear


うちはにげましぇん。↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 | ホーム |  »

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード