Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018. 04. 22

『カミングアウト』 の母の言葉

4月13日

ある本が発売されました。

『カミングアウト』 砂川秀樹(著) です。

201804222009286dc.jpg

私はなぜ同性愛であるということを言葉にしたのか。

つまりカミングアウトしたのか。

それは自分らしく生きたいと思ったからです。

そして正直に誠実にいたいと思ったからです。

カミングアウトをする時

私は結局は自分のことばかり考えていました。

否定されないかとか

離れていかないかとか

そんなことばかり。

相手を戸惑わせるんじゃないかとか

相手が涙を流す日を過ごすことになるんじゃないかとか

そのようなことを考える余裕はありませんでした。

あるいは

不幸にさせるんじゃないか

悲しませるんじゃないかという思いがあっても

それを上手く柔らかく表現することは難しいものでした。

家族へのカミングアウト。

特に母へのカミングアウト。

もう何年も前の出来事になりますが

あのときこう思ったとか

あのあとどうしたとか

そのようなことを知る機会が幸いにもあります。

母の話を聞いたり知るたびに

いかに自分のことしか考えていなかったかを感じます。

そのときの自分が必死だったと言えばそれまでですが

母もまた必死だったのだと思います。

準備をしてからカミングアウトをした自分。

唐突にカミングアウトを受けた母。

あのときはごめんね

という気持ちもありますが

それ以上にやっぱり

心からありがとう

という気持ちが溢れます。

この本を読んで改めてそう思ったのです。

「4章 ともに変わる ~関係の再構築へ~

カミングアウトストーリー(5)」

に私の母の言葉があります。

一読者として

当事者の親の心情を知りました。

もし大学生のとき

性についての本を読み漁っていた私が手にしていたら

・・・どう思っていたのかな。

わからないけど

本もウェブサイトも少なくて

ロールモデルなんていなくて

テレビで話題になることなんてほとんどなかったけど

今は変わりつつあって。

ほら

今まさにテレビで目にしてる?

とにかく

私は幸せです。

私の幸せを願ってくれる私の家族もまた

そうであることを願っています。


こうしてブログを読んでくれている方々にも感謝です。↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2018. 02. 17

100人いれば100色の性

本日

LGBTの講演会のパネラーとしての出席。

また一来場者として

母の話を聞きました。

講演会を終えて今思うのは

とにもかくにも母に感謝です。

カミングアウトしたときは

自分のことで精いっぱいだったけど

カミングアウトされた側も

一生懸命だったことを

母の言葉から感じました。

こうして今日

二人でこの会に参加できたことを

本当に嬉しく思います。

母にカミングアウトしたとき

受け入れられないのなら

家族の縁を切ろうとさえ思っていました。

切れないものだけれど

それでも切ろうと。

ひとりで生きていこうと。

迷惑をかけるくらいなら

不幸にするくらいなら

もういっそのこと

ひとりになれたらと思っていたのです。

それほど

私にとっては大事なことで

私にとって

家族は大切にしていきたい存在だったのです。

それもまた

私の勝手な考えだったことは

今は言うまでもありません。

やりたいことをやらせてくれ

世間体など飛び越えて

私の幸せを願ってくれる母。

「ありがとう」の一言です。

そしてまた

このような講演会を企画して頂いた方々にも

感謝感謝です。




本当にありがとうございました!↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2018. 01. 28

講演会のお知らせです

ひょんなことから

愛知県の講演会に

パネラーとして参加することになりました。

世界は広いし

住みやすい場所や

生きやすい場所はあるのだろうけど

今ここでできることがあるならば

私なりにやっていきたいと思う。

ここにいる私が

私であるために。

予約不要で入場無料ですので

良ければ足を運んで頂けたらと思います。





「LGBT」
聞いて 感じて 考えよう
~100人100色の性~


日時:2月17日(土)午後1時から
場所:名東文化センター

第1部 講演会
「100人いれば100通りの性がある」

第2部
LGBTの当事者・当事者の親による
パネルディスカッション


私が私にできること。↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2017. 11. 23

講義 「人権学習 セクシュアルマイノリティについて」

昨日

とあるところで

とある講義をする機会がありました。

久々に人前で自分の性にまつわるもろもろの話をし

多少口下手になっている自分に出会いました(笑)

十分に準備したつもりでしたが

前夜はぐっすりとは眠れず

講義中はやはり多少の緊張もあり

終えた直後も

上手く伝えられたかなぁと正直不安もありました。

一人にでも何か響くものがあればいいと

そう終えて片付けをしていると

わざわざ声をかけに来てくれる人が現れました。

妙に大人びているその人と出会い

私のもやもやは解消されたような気がしました。

そしてその場では話せなかったことを

少しばかりここに書いておこうと思います。

「親に言うタイミングとか、ありますか?」

その質問に私ならこう答えます。

あなたが話したいと思ったときがきたら

それがそのタイミングです。

もし話したいと思うときがこなかったら

それはそれでいいのだと思います。

無理に話す必要はないし

無理にわかってもらおうと思う必要もありません。

私自身

始めは墓場までもっていこうと思っていました。

だから話す気はありませんでした。

話すことで悲しませてしまうなら

それよりは黙っていた方が良いと

そう思っていました。

でも話したいときは自然と訪れ

黙ってはいられないほど伝えたくなりました。

それが私のベストなタイミングでした。

結果として

すぐにではありませんでしたが

私というものを伝えられたように思います。

大切な人を大切に。

そしてあなたが幸せな日々を過ごせることを

私は心から願っています。

話に来てくれて本当にありがとう。

あなたに出会えて良かったです。

他にもできれば直接お話したいと思う人がいましたが

それはまたその時がきたときにしたいと思います。

一先ず

今私がどうしても言葉にしたかったことを

ここに綴った次第であります。


私もまた、あなたに勇気をもらいました。↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2017. 07. 02

東海テレビCM「この性を生きる。」

昨年のオーストラリアにいる間

しばしば母から嬉しいお願いが。

「今度講演するから、

何かえまからメッセージがあったら送ってね」

同性愛の子を持つ親

当事者の母としての講演でした。

その都度私は

オーストラリアからエールとメッセージを送りました。

母ときちんと向き合い

話し合うようになったのは

カミングアウトをしてからです。

ぶつかることも時にはあったけれど

今は向き合うというよりは

腕を組みスキップをしながら

一緒に歩んでいるような感じです(笑)

オーストラリアから一時帰国した数ヶ月

帰ってきたら一緒に会おうと思っていた人や

一緒に行こうと思っていたところに

母が連れて行ってくれました。

大学のサークルや当事者団体に参加したり

LGBTを扱った研究授業をする教員の方とお話したり

時には自分の話をし

時には相手の話に耳を傾け

何か力になれればと

喜んでお会いしました。

そしてその中の一つに

東海テレビCMの取材がありました。

毎年テーマを決めて撮影している自作CMだそうです。

今年はセクシャルマイノリティーをということで

母と私はインタビューを受けました。

少し汗ばむ5月。

我が家にワゴン車がやってきました。

慣れないマイクをぎこちなく服に付け

本番一発のインタビューが始まりました。

まずは私。

そのあとに母。

それぞれ撮影したため

お互いに何を話したかは知りません。

インタビューということで

対話の中で生まれた言葉や思いがありました。

とは言うものの

自分の根本は変わらず

「自分らしく生きたい」

の一言に最後は落ち着くのでした。

撮影スタッフの方々の

緊張させない柔らかさと

心にある思いや言葉を引き出す鋭さの中で

私はどう映ったんだろうと楽しみにしていました。

後日

早朝の東海テレビでそのCMが放送され

その後我が家にDVDが届きました。

恥ずかしさを胸に秘めながら二人で見ました。

母の映らぬ涙に私の心は震えました。

取材をするにあたり

様々な形で協力してくれた家族と

私たちの気持ちを尊重し

細やかな気遣いをして頂いた撮影スタッフの方々に

心より感謝申し上げます。

さて

そのCMですが

YouTubeで見られるようになりましたので

良ければ最後までご覧ください。


東海テレビ「この性を生きる。」



母が幸せなら、私も幸せです。↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


2016. 03. 19

LGBT成人式の日に

同性愛だということや

自分らしく生きていきたいということを

カミングアウトしてから一層関係が深まり

何でも話せるようになりました。

というのは

私の場合の話かもしれません。

けれども

そうした友人や家族がいるということが

伝えたいのかもしれません。

今日は名古屋のLGBT成人式に行ってきました。

母に導かれて

といったところでしょうか。

そこで活動する母の姿に

感心するとともに

感謝の気持ちが募るばかりです。

ブース

これからも

この気持ちを忘れず

生きていこうと思います。

今や

新聞の一面にもこうして記事が載る時代。

中日新聞夕刊

未来はきっと明るいですね。


自分を大切に。↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


2016. 03. 06

キーパーソンとの再会

初めて自分が同性愛だということを

誰かに自らカミングアウトし

その自分を大切にして生きていこうと決めたのは

大学の時でした。

初めて話した相手は

大学の先輩である人でした。

その人に話したことで

嘘をつかない人生を

自分らしく生きられる人生を

歩み始めたのだと思います。

そして

そんな自分に胸を張って生きられるようになったのが

メンタルトレーニングの授業をしていた教授との出会いでした。

そして本日

その教授の退職記念講演と祝賀会がありました。

お世話になった教授に一目会いたいと

仕事はお休みを頂いて

長野から奈良へと走りました。

相変わらずの

「だいたいでええねん」

と言う懐かしい言葉に加えて

「反省はしても後悔はしない」

(後悔はやらなくてするもの、反省はやってするもの)

という教えと

「やれることはやろう」

(最後まで諦めない)

という名言を耳にすることができました。

偶然にか

必然にか

冒頭の先輩ともお会いすることができました。

改めて

自分はこうやって生きていきたいんだと

思い出させてくれるお二方でした。

また

私の研究室の先生ともお会いしました。

「今どうしてるの?」

「こういう人になりたいの?」

「何からの自由なの?」

端的で直球な質問に

自分自身を問い直し

見つけた答えを返そうと思ったその時には

聞いておきながら答える隙を与えないという

独特のユーモアに笑わせて頂きました。

核心に触れながらも

その答えはその人自身に留めておくという

見返りを求めない手法に

私が選んだ研究室の教授の変わらぬ姿を見ました。

私の転換期は

大学時代でありました。

その転換期を

この大学で迎えられて良かったと

そう思う日でありました。


この方々なしには、今の自分はありません。
改めて、ありがとうございます。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


 | ホーム |  »

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。