Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2009. 06. 29

一般化防止策

昨日髪を切って染めました。

小6のときから

ずっと同じスタイリストさんにやってもらってます。

そしてずっとショートです。

高校のときからアシメがお気に入りです。

なぜなら

個性というものが出る気がしたから。

大学生になってカラーにもこだわるようになりました。

とにかく「みんなと違う」「普通はやだ」を主張してきました。

ヘアースタイルは

うちの大事な自己表現なんです。

もし普通の

よくあるショートにしたら・・・

正直すごく怖い。

なぜって

自分が消える気がするから。

自分が一般化されそうで怖い。

今のヘアースタイルは

髪だけで「あめだ!」ってわかってもらえる。

「あめにしか似合わないよね。」

なんて言われたら

もう最高。

けど

ヘアースタイルに自己表現を任せてる自分は

なんて自信のない奴なんだろうって思ったりする。

外見に頼ってるのか!?

自分らしさは中身にあるんじゃないのか!?

結局自分に自信がないのか!?

そんな言葉を自分に投げかけてしまう。

でも

外見とか容姿とか仕草とか

そういうのも大事な自己表現の一部なんだろうな。

自分の内部にあるものを外部に表出させるのは

むしろ勇気のいることなのかもしれない。

人は外見から人を知る。

だからうちは精一杯表現しよう。

他者から見た自分というものの最先端は

もしかしたら「外見」にあるのかもしれない。


関連記事

2009. 06. 23

親和欲求に負けないぞっ

「親和欲求」という欲求があることを最近知りました。

他者と一緒にいたいと思う

人間が持つ基本的な欲求だそうです。

この親和欲求が高まると

恋に落ちやすくなるらしいです(笑)

ドラマとか映画で

窮地を救ってくれた人に恋する設定がありますが

あれは親和欲求がうまく作用した場合に起こるんでしょうね。

ちなみに

そういう恋愛はなぜか長続きしない

という研究結果がでているらしいですよ。

くれぐれもご注意を(笑)

そしてこの親和欲求は

自分に自信がないとき

自己評価が低いときにも

高まるそうです。

この親和欲求って奴に

うちは負けたくありませんっ。

可能な限り抵抗してみようと思います。

昔から

この親和欲求に値する心理を

自分の弱みだと感じていたから。

自己評価が低いときに高まるってことは

あながち間違いではないのかな。

しんどければしんどいほど

うちは一人でいようと努めます。

誰かのそばにいたら

その人に甘えてしまうから。

甘えるのが悪いことだとは思いません。

甘えている人を弱い人だとも思いません。

けど自分自身に関しては

そう感じてしまうんです。

自分の弱みを他者に見せられる人を

すごいと思うことがあります。

自分の弱みを見せられる人こそ

強い人なのかもしれません。

だけど

それでもうちは

一匹オオカミを目指します。

・・・っとか言ってー

そんなことをできるほどの強さも持ち合わせていないのでー

あくまで目指しているだけー(笑)


関連記事

2009. 06. 18

第六感に欲しいもの

「第六感」といっても霊感とかじゃないですよ。

今日ふと思ったんですね。

心を認識する感覚があったらな

って。

この感覚をちょっとオシャレに「心感覚」と名付けておこう。

別に心が読めなくてもいいんです。

まー読めたらいいですけど

他人の心が読めてるかなんて

誰にもわからないですからね。

だからなんとなくわかる程度でいいんです。

例えば誰かが

「もういいし!!」

って言ったときに

(いや、本当はもっと聞いて欲しいと思ってるんだな)

っていうのを

頭ではなく感覚でわかるようになるとか。

事実とか言動とかには

その奥に必ず何かしら心があると思うんです。

でも意識しないとそこまで考えられない。

でも本当はそこが大事。

その心の部分を感覚でわかったら

めちゃ素敵なのになー・・・って。

だからうちは第六感で

心感覚っていうのを身につけたいなー。


関連記事

2009. 06. 16

焦るな焦るな

もっといろんな自分に出会いたいよ。
       
海外に行ったら新たな自分と出会えるんじゃね!?
       
とにかく夏休みが勝負でしょ!!

・・・と思ってネットで海外旅行のツアーを調べる日々。

一つ決まりました。

スイスに行ってきます。

ハイジに会いたくて・・・

じゃなくて(笑)

純粋にあの大自然を体感したいからです。

ただそれはもっぱら観光。

添乗員付きのツアーです。

それだけじゃ何か物足りないな・・・

そう思って

エコツアーやらスタディーツアーといったものを

検索し続けていました。

あ!

これイイ!!

と見つけたのは

フィリピンのセブ島でのダイビングのライセンス取得ツアー。

昔から海が好きで

いつかダイビングをしたいと思っていたので

まさにその長年の夢が叶うような理想のツアーです。

だがしかーし!

わざわざ海外で取る必要があるのか

ツアー料金に見合った価値があるのか

そもそも本当にライセンスを取得したいのか

そんな疑問が浮かんできました。

迷いながらもとりあえず母親に電話で相談。

ちなみに母親には

アイデンティティで悩んでいることは報告済みです。

「焦ってない?そんなに焦る必要はないと思うよ。」

「意味付けをしなくてもいいと思う。行きたいって気持ちが大事。」

と言われました。

自分でも焦ってる自覚はあった・・・というか

とにかくアクションを起こさなきゃと必死でした。

自分の意志に関係なく

自分に突き動かされる感覚。

こんな不思議な感覚が何ヶ月も付きまとっています。

それにしてもこんなに焦っていたなんて。

それだけ変わりたいと切に願っているんだと思う。

もうこんな状況から抜け出したいんだろうね。

でも焦り過ぎていたのかな。

意味を求め過ぎていたのかな。

とか思いつつ

やっぱり足を止めるのは怖い。

もし道を間違ってたら全力で戻ればいい。

だからうちは進み続けようと思う。

さて

ライセンス取得ツアーをどうしようか・・・。


関連記事

2009. 06. 13

個人空間を確保しました!

人は誰しも

自分の身体のまわりに私的な領域を持っているそうです。

それを「個人空間」というらしい。

例えば電車で両端の席から埋まり

その次に中央

その次に人と人の間

というように

できるだけ他人との接触を避けたいという気持ちから

自然と自分の領域を確保しているわけですね。

うちはその空間が人によって大きく異なります。

ひどいくらいに(笑)

気の許した友達だとくっつかれても特に違和感はないけど

全然関わりのない人や精神的に距離がある人には

近くにいられるとどうにも落ち着きません。

そんな人にトントンと触られたりなんかすると

イラッ・・・ときます(笑)

けど今日気づいた。

あまりにいつも一緒にいる友達とか

なんとなく頼られている友達には

気の許している友達だとしても

あえて多めに確保する傾向があるみたい。

これをバランスとか距離感というのでしょうか。

うちはよく周りの温度に逆らうことがあります。

それは熱を冷ますためだったり

逆に冷えたところを温めるためだったり。

つまり相手とのバランス

全体のバランスを自分の中で意識しているんだと思う。

それがいいことなのか悪いことなのかはわからないけど

きっと個人空間が広いほうが

心も広くなるんだろうな。

気がつかないうちに

心が狭くなっていたりしないだろうか。

自分に問うてみる必要がありそうだな。


関連記事

2009. 06. 12

「びびっ」を求めて

崩れたアイデンティティを構築するには

まずはいろんな自分と出会わなければ!

とにかく海外に行こう!

環境が変われば人も変わるっしょ!

そんな単純明快な考えで

夏休みに海外に行こうと何ヶ月も前から計画していました。

昨年の夏にインドで海外ボランティアをした経験があったので

今年も海外ボランティアに参加しようと計画を立てていました。

これだ!!と思うものを見つけ

そのためにいろいろ準備をしてきました。

しかし今週の水曜日

人数の不足により催行されないとの報告が・・・。

その瞬間

パニックになりました。

目標を見失ったような

解決策を見失ったような

そんな絶望的な感覚になりました。

きっとうちは海外に行くことで

この今の自分から脱出できるだろうと

どこかで期待していたのだと思います。

でもその計画は失敗。

また穴に引き摺り落とされたような感じです。

以前にも増して出口が遠くなったような気がします。

またゼロからのスタートです。

この夏を

刺激に溢れたものにしたい。

「びびっ」っとくるような

そんな経験をしたい。

でも

何をしたらいいんだろ??

これを考えるのが

今は一番苦痛です。


関連記事

2009. 06. 12

張りつめた気持ち

アイデンティティについて真剣に考え始めて

いつの間にか4ヵ月。

毎日毎日自分と向き合ってきたけど

そんな毎日がいつまで続くのかと思うと・・・

怖くなります。

自分との対話は

決して楽しいことばかりではありません。

いやむしろ

その逆がほとんどです。

最近ふと投げ出したくなったりします。

でももしそんなことをしたら

うちはきっと生きてる意味を見失ってしまうだろう

というのが一瞬で想像できるので

そんなことはしません。

起きてる間中自分のことを考えてるような暮らしから

自分について考えることを無くしたら

いったいうちはどうやって毎日を過ごしていくんだろう。

もう4ヵ月もこんな日々が続いてるけど

最近この張りつめた気持ちが

いつか切れるんじゃないかと心配になります。

でも切れたらおしまい。

きっとすべてのことを

放棄する気がします。

だからなんとか気持ちを保ち続けたいと思う。

というかなんとしても

保たなきゃいけないんだろうな。


関連記事

 | ホーム |  »

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード