Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2010. 03. 28

最後のバイトそしてカンボジア

個人経営の飲食店でバイトをしていましたが

息子さんが店を継ぐことになったため

夜にバイトとして入っていたうちはバトンタッチすることになりました。

そして今日が最後のバイト。

大変お世話になったので寂しい気持ちはありますが

自分から「辞めます」というときがこなくて済んだことは

大変嬉しいのであります。

ここのお店は初めて来たときに味や雰囲気そして人柄に惚れ

バイトとして雇っていただけないかとお願いしたことがきっかけで

代行担当から夜担当へという道筋を経て今に至ります。

働いていてもやっぱりその店の良さは変わらず

というかさらに大好きになり毎日幸せに働いていました。

大抵バイトの面接ではまず髪やピアスで注意をうけるうちですが

ここのお店はうちの個性をのびのびと発揮させてくれる

最高の場所でした。

マニュアルや制服なんてない。

うちのスタイルでいい。

そうした中で本当のサービスや接客を学ぶ貴重な場所でした。

お客さんにはうちを見るなりそりゃもう毎日のように驚かれたけど

おじいちゃんおばあちゃんは見かけなんて気にしないことや

サラリーマンのおっちゃんは意外と気さくなことや

厳つい人やスナックで働く人が「ありがとう」とよく言ってくれることや

同じ世代の人ほど逆になんだか距離を感じることや

今時のちっちゃい子もきちんと挨拶してくれることや

そりゃもう色々なことを学ばせて頂きました。

もちろんそれ以上に

マスターや奥さんから学んだことは山ほどあります。

もう感謝の仕様がないほど心から感謝しています。

ほんの一年しか働いていないうちに

マスターも奥さんも「ありがとうね」と何度も言ってくれましたが

それはうちが言いたかった言葉だったので

たくさんお皿割ったけど

たくさんレジでミスしたけど

「迷惑かけてすみませんでした。」なんて言うのはやめて

「お世話になりました。ありがとうございました。」と何度も言って

最後のバイトを終えました。

今後についてはまだ未定です。

4月からはバイトがなくなり時間割が変わるので

これからの自分の生活についてきちんと考えていこうと思います

・・・が!

実は3月29日から4月2日までカンボジアいってきます(笑)

アンコールワットが見たくなって。

ツアーなんでね

ほとんどおまかせなんですが。

ゾウなんか乗っちゃったりしてね。

気球なんかも乗っちゃったりしてね。

というわけでしばらく留守にします。

帰ってきたらまた写真なんかのっけちゃおうかな

なんて考えてるのでお楽しみに。

では

いってきます。


関連記事

2010. 03. 28

フーコーさんは言ったよ

哲学者ミシェル・フーコーさんは言ったよ。

「セクシュアリティとは

近代西洋が生み出した歴史的・社会的発明品である」

ってね。

うちもそう思うよ。

セクシュアリティは歴史的構築物だって。

もともと存在するものじゃない。

あー・・・だからうちは自分自身で性をみつめたらわからなくなったんだ

ってすっきりした。

社会的な関係の内にのみ意味をもつものだと考えるみたいだよ。

だから

セクシュアリティのカテゴリーに変化を起こせるとは思うんだ。

でも歴史に変革を起こすのには

とんでもなくエネルギーがいるものだとも思うんだ。

新しい規範・道徳が必要になるとも思うんだ。

色んなところで混乱が起こるとも思うんだ。

でもうちにはそこまでは考えられない。

うちはそれがしたいわけじゃない。

ただうちはこのフーコーさんの言葉に一つの可能性を感じる

ただそれだけの話。


関連記事

2010. 03. 27

SIMPLE -EELMAN-



「やりたければ死ぬ気でやれ やりたく無ければ今すぐやめろ

好きか嫌いか 楽しいかつまらないか 全ては simple

好きならば全力注げ 好きじゃなければ今すぐ忘れろ

この世は simple 白か黒 全ては simple」

こんなにもsimpleな曲に心が凛とする。

それはきっとうちの心が複雑に絡まってしまっているから。

「白か黒」ってとこはちょっと引っかかるけど・・・(笑)

今まで以上に自分を信じています。

けど

やぱ自分だけでは心が揺れる弱い自分。

そんなときには音楽を聴いています。

そうやって自分の中に筋を通す。

自分ではない誰かの言葉の力はなぜか大きくて

どんなに自分が自分を信じていてもなぜか自分を疑って

この世に正しいことなんてあるのかさえも疑ってしまう。

でも

最後は必ず自分に帰ってくる。

うちは帰ってくる。

真剣に迷っている人がいたら今のうちならこう言うだろうな。

「間違ってない。あなたの決断に間違いなんてないよ。

あなたの人生なんだから。」

わたしの「正しい」があなたの「正しい」ではないように

あなたの「正しい」がわたしの「正しい」ではないかもしれない。

でもそれはあなたにとってはやっぱり「正しい」んだ。



最後に追伸。

うちに曲を紹介してくれた方へ。

ちなみにこの曲ではないんですが。

紹介された曲は必ず聴いてます。

そして力貰ってます。

ありがとうございます。


関連記事

2010. 03. 27

スパイラルは止められるか

「性別なんてなんでもいいんだよ。自分らしければいいじゃん」

って伝えたいと思って性をあえて強調する

そうすると

相手が「あなたはあなただよ」って気づくかもしれない

けど

そうやって強調することで逆に性にこだわってしまう

このスパイラル。

これを止めることはできるのか。

それを考えていました。

そして自分なりに一つの答えに辿り着きました。

結論からいえば

止めることはできない。

なぜならそれを一つの方法として利用しているから。

だからそれを止めたら効果自体もなくなってしまう。

つまりですね

風力発電の風車を止めるようなもんなんじゃないかと思うわけです。

電気を作るには風車は回っちゃうんです。

それは電気を作る方法の一つなんです。

だから風車は止められない。

スパイラルは止められない。

でも

電気を作るには他にもたくさん方法はあるわけで

火力とかガスとか太陽光とか

スパイラルのないものだってきっとあるんです。

そしてどんな方法にも

それぞれメリットもあればデメリットもあるんです。

だから

スパイラルを止めることはできないけど

スパイラルのないものを選ぶことはできるんじゃないかと思います。

以上

スパイラルに関してのうちの考察。

うちが自分なりの答えを見つけれてすっきりしただけなので

「だから何!?」って聞かれても

「いや、そんだけ!!」っていう話なんだけど(笑)


関連記事

2010. 03. 25

自分探し再開

突然ですが

夢から一旦離れます。

でも

全く諦めてはいません。

今の自分ではまだ力が足らないので

もう一度自分というものを考えていこうと思います。

でも「夢のため」というよりは

もちろん「自分のため」です。


関連記事

2010. 03. 20

まずはお礼から

このブログの読者である方々が

『カミングアウトされたわたしたち』に足を運んで頂いていることに

感謝の気持ちでいっぱいです。

新たなブログを立ち上げた時

うちはゼロからのスタートだと思っていました。

でも

それは勘違いだったみたいですね。

しかもコメントまでして頂いたりして。

本当にありがとうございます。

さて

このブログともう一つのブログはリンクしているんですが

正直怖いですよ。

「Moratoriumer」はうちのブラックな部分も満載なので。

でもうちは自分を信じます。

相手を信じます。

そしてこのブログではカミングアウトのことだけじゃなく

うちの日常や出来事から考えたことや

どうやってこの自分になったのかがのっているので

怖いくせに読んでもらいたいって思ってる自分もいます(笑)

自分をこんなにも明かしたことは未だかつて一度もありません。

自分を隠すことをしなくなったとき

人ってどうなるんでしょうね。



やってたらいずれわかるかもしんないですね。

昔子どものころに思い描いた理想。

「誰にでも好かれる自分になろう」

っていうことにまさか自分は挑戦しちゃったりしてるんかな。

ならばいけるとこまでいってみようか。

そうやって自分を磨いてみようか。

そうそう

そういえば最近気付きました。

夢を探そうとするとき

まずその形からついつい探そうとしちゃいませんか?

例えば職業とか。

結婚とか。

でももしかしたら違うんじゃないかって思ったんです。

今のうちで考えたら

職業的には教師になりたいと思っています。

でもそれは社会を変えたいというのを実現する手段にすぎません。

でももっと掘り下げたら

それは自分自身を表現したいからっていうことが根本にあります。

だからそれができるならうちは職業にこだわりません。

夢を考えるとき

まず自分自身の心からの欲求

表現したい自分にまずは焦点をあてるべきなのかもしれません。

あくまでうちの場合はですけど。

あー

本当自分でも思うけど

とことん自己中心的な世界にうちは生きてますね(笑)


関連記事

2010. 03. 18

カミングアウトはあちらのブログで

今後カミングアウトの内容は

カミングアウトされたわたしたち』で書くことにしました。

ただこのブログは自分が主役なので

関連したことをこっちで書いたりはすると思います。

ちなみに第1回目のカミングアウトは「母」。

気になる方はブログにとんじゃってください。

そうそう

今までのカミングアウトはどうするの?

って思う人がいるかもしれないけど

それはそのままにします。

そのときのまま。

だから今さら掘り返すことはしないつもりです。

でもどうしても必要な場合は

「ブログをやってることをカミングアウト」

って形でするかもしれません。

ブログを作ってて思ったけど

うちがここまでできるようになったのは

本当に今までにカミングアウトした相手が

とんでもなく素敵な人ばかりだったからだと思います。

頼るのが苦手なうちだけど

いつの間にか多くの人に支えられてるのは事実ですね。

このうちの夢は

もしかしたら自分だけのものではなくなってきてるのかな。

とは言ってもあくまでうちは自分のためにやってるけどね(笑)


関連記事

 | ホーム |  »

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード