Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2010. 09. 26

四週目前夜

いよいよ最終週ー!

楽しむのみっしょ!


関連記事

2010. 09. 25

三週間

うちはいつも

元気をもらう側や楽しませてもらう側

であったことに気付いた三週目。

授業では専らうちが能動者。

普段の受動者ではありません。

もちろん話も聞く側ではなく話す側。

自分の話す技術のなさや演じる能力のなさに直面。

うちに人を元気にさせる力や楽しませる力はあるんだろうか。

自分の殻を未だに破れず謎に包まれたまま。

でも

無理をするつもりはありません。

ただ

自分が変わりたいと思うところは

自分の意志で変えていきたいと思います。

誰かに要求されてではなく自分の要求によって。

「変わりたい」と思えばきっと変われるはずだから。

受動者になり続けた今までは

それなりの意図があってなった結果。

つまり自分の生き方であったりもします。

その自分の信念にも似たものは

先生という立場においても大切にしたいと思います。

先生によってさまざまな持論を持っています。

だからうちもうちの持論を持ちます。

先生という型にとらわれず

先生の理想像に振り回されず。

うちはうちらしい先生を築きます。

うちにしかなれない先生をね。

あと一週間となってしまいました。

うちがどんな先生として存在しているか

答えはきっと生徒一人ひとりの中。

存在自体していない生徒もいるだろうけど

一人でも心に残るような出会いができたなら

うちは教育実習に来た価値があると思っています。

ちなみにうちは

そんな出会いや発見が山ほどあるから

まだ教育実習を終えていないんだけど

存分にその価値を感じています。

だからこそね

自己満で終わりたくないよね。

せっかくなら

何か残していきたいよね。


関連記事

2010. 09. 20

三週目前夜

今週は授業を楽しもう。

毎回楽しんでるんだけどね。

うちが楽しいと思う授業をしようと

毎回心掛けてはいるんだけどね。

今週はちょっと特別。

失敗を恐れずにやろう。

新しいものに挑戦すれば

新しい何かが得られるはず。

きっとね。


関連記事

2010. 09. 20

じいちゃんとばあちゃん

今日は敬老の日。

じいちゃんとばあちゃんにお饅頭を贈りました。

日ごろの感謝とこれからも元気でいてねという思いを込めて。

じいちゃんとばあちゃんは

いつも応援してくれ

いつもうちの身体を心配してくれます。

そんなじいちゃんとばあちゃんには

自分の性について話すつもりはありません。

明らかに世代というか

育ってきた環境が違うからです。

でも

受け入れてもらえないかもしれないから

というネガティブな理由ではなく

幸せでいて欲しい

という思いがあるからです。

だから

今後も話すつもりはありません。

ただ

もしメディアに取り上げられる日がきて

新聞やテレビでうちを目にしたり耳にしたりすることがあれば

そのときは自分の口から話そうと思っています。

じいちゃんとばあちゃん

うちの大切な人です。

じいちゃんとばあちゃん

うちの大好きな人です。


関連記事

2010. 09. 19

☆伝説のイベント☆

突然ですが

こんな素晴らしいイベントがあります。

チームまさかの一員として

奈良からできる精一杯のことをしたいと思って告知をします。

読んだ方

ぜひ口コミで広げてください。

ツイッターやmixiでつぶやくなり

ブログに書くなり

友達に話すなりして

一人でも多くの人に広げて頂けたら幸いです。

ぜひともご協力とご来場をお願いします!



---------------------------------------------------


伝説が始まります。

2010年11月3日(祝)。
1350人のイベントが…

■■■■■■■■■■

 生まれた意味って
   何だろう?

~生まれる・笑う
   亡くす・許す~

@市民会館おおみや

■■■■■■■■■■


『男に生まれたのに、
男が好きで、

生まれた意味なんてわからなくて、

生まれた意味なんて無いと思ってて…

けど、
あったんだよね。

生まれた意味。

それを知ったとき本当に嬉しくて、生きてていいんだって、生きてる意味がある
んだって、

世界が変わって幸せ感じて、自分を許すことができたんだ。

だから伝えたい。
誰にでも生まれた意味があるってこと。』


──────────
テーマ1【生まれる】
講師:岡野眞規代
──────────

レイプ被害に遭い、リストカットが止まらくなった女性。

その女性の心に、【一瞬で命の炎を灯した写真】があります。

それを見せてくれるのが岡野眞規代先生。

自然分娩を推奨する吉村医院の元婦長さんです。

《脳を持たないで生まれた赤ちゃんの話》は、多くの人に感動と生きる希望を与
えています。


─────────
テーマ2【笑う】
講師:てんつくマン
─────────

山崎邦正の元相方。
それがてんつくマン。

現在は映画監督をしているのだけれど、その処女作を作るとき

・騙されて800万借金
・二日連続交通事故
・事務所が火事に遭う
・撮影直前に仲間が倒れて撮影無期延期…

という、どん底の底を歩む。

しかし、最終的に映画は完成し、今は多くの人に囲まれて笑顔でいる。

…なぜ?

笑えない道を歩み、誰よりも明るく笑えるようになった理由をここで話してもら
います。


─────────
テーマ3【亡くす】
講師:池川明
─────────

「流産には意味があるんです」

そういわれたら、あなたはどんな反応をしますか?

流産の【原因】があるのはわかるでしょう。

でも流産の【意味】ってどういうことだと思いますか?


実はこんな話をしてくれた子がいるんです。

「今ママのお腹にいるのはトラくんだよ!

トラくんはボクがお空にいたときに、先にママのとこ行って、神様に怒られて連
れ戻されたんだ。

トラくんはボクにそっくりな顔で同じAB型なの!」

その子は、2歳のときからお母さんに、

「ボクはお空にいたんだよ!

そこで、お母さんが優しそうだから選んで来たの!」

そう言ってくれてました。

そのときは「子どもの話」と思っていたけれど、今回は少し違う。

だってお母さんは、確かに一度流産していたのですから。

そして、生まれた子は、その子にそっくりなAB型の男の子だったのですから。

この話が本当なら、流産も不妊も、自分の知らない意味があるということ。

そして、

そんな【子どもの空にいたときの記憶】を研究しているのが、横浜で自然分娩を
されている池川明先生なんです。

実は、
「お空にいたよ!」
「ママを選んで来たの!」

という子どもはすごくたくさんいるんです。

これは【胎内記憶】といわれ、池川先生はその研究の第一人者。

その池川先生に、流産や不妊について、お話いただきます。

※トラくんの流産の話はhttp://babylion.boy.jp/tensi.htmでご確認いただけま
す(「胎内記憶 流産」と検索しても出てきます)。インターネットで胎内記憶と検
索すれば、様々な事例が出ます。人生観が変わるような話がたくさんあるので、
ぜひ調べてみてください。


────────
テーマ4【許す】
講師:山本英利
────────

同性愛者として生まれ

『なんでこんな体に生まれたんだよ。』

『なんでこんな体に生んだんだよ。』

18年間、晴れない霧が立ち込めていました。

そんな中、自分も親も許せたことがあったんです。

そのときの話をさせていただきます。


─────────
最後の【フィナーレ】
バンド名:おかん
─────────

歌で泣いたことはありますか?

涙腺が強い人でも知らない間に涙が流れてしまう歌を歌うバンドがいます。

それが【おかん】。

10代から60代までファンのいるロックバンドといったら、彼らくらいではないで
しょうか?

最後のフィナーレを飾ってもらいます。


さて…
それが11月3日のイベント全容です。

でも、今回は内容だけが伝説じゃありません。

価格も伝説です!

なんとなんと、ここまで揃って、入場料がたったの

【500円】!!!


なぜなら、実はこのイベント、感動募金制という形を取っているからです。

イベントに参加したあと、感動していただいた分だけ後で募金を集めるのが感動
募金制。

募金額は1円~OKです。
※一人500円いただければ採算が取れる計算になっています。

※黒字になった分は、全て来年の3500人イベントの資金に充てさせていただきま
す。


本当に伝説になるイベント。

チケットは【10月上旬】で売り切る予定ですので、お早めにお申し込みください


※なお、イベント内容をさらに知りたい方のため、http://ameblo.jp/kaichiou/entry-10650677623.htmlに詳細を書きました。ご活用ください。

■日時■
2010年11月3日(祝日)
15:30開場
16:30開演
16:45第1部
17:30第2部
18:30休憩
19:00第3部
19:45第4部
20:00第5部
20:30終演


■場所■
さいたま市民会館おおみや
〒330-0844
さいたま市大宮区下町3-47-8
0486416131

■定員■
1,350人

■料金■
500円+お気持ち
(感動募金制)

■お申し込み■
http://my.formman.com/form/pc/JcAHNFJeGXLA7o5Y/にアクセスし、必要事項を記
入してお申し込みください。

※メールの返信内容はよくお読みください。

※事前キャンセルは無料。
当日キャンセルは500円をいただきます。

■お問い合わせ■
ご質問などは
09061784191
team.masaka@gmail.com
(担当:山本)
にて受け付けております。
※申し訳ありませんが、今回託児は受け付けておりませんので、よろしくお願い
申しあげます。


このイベントは完全ボランティアですが、キャスト全員、伝説になるおもてなし
を致します。

誘導が手品するなんて、普通はしませんよね?

会場にピエロがいるイベントを見たことありますか?

ゲストのみなさんに楽しんでいただけるよう、全キャスト、心を一つにしてお待
ちしております!

どうぞよろしくお願い申しあげます!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

【チームまさか一同】


2010. 09. 19

幸せの感度

教育実習が始まって

うちがあきらかに成長を感じるもの。

それが幸せの感度。

言葉と気持ち

それとふれあい

つまり愛があれば

心から幸せだと感じます。

今までわかっていたつもりだった。

当たり前のことが幸せだってこと。

でもそれを感じる能力が未熟だった。

「いかに死ぬかを学べば、いかに生きるかも学べる」

『モリー先生との火曜日』といううちが大好きな本の中の言葉。

その本を読んで以来

「死」というものを意識するようになった。

でも一方で「生」というものを意識することは難しかった。

だからさらに「死」というものを意識することで

間接的にそれを感じようとしてきた。

いつ死んでもいいように生きようって。

今はただ

純粋に生きてる幸せを感じられます。

「死」を通してではなくね。

うちのこの“性”は

うちに“生”を与えてくれます。

そしてこれはうちの勝手な想像だけど

おそらくうちにだけじゃなく

“生”を与えることができます。

だからうちは話すことをやめない。

話すときに声が震えても

話し終えたあとに手の震えが止まらなくても

話すことで関係が崩れてしまう恐れがあってもね。

我慢して心が死んでいくのを見守るつもりはない。

うちは生きるために性を語る。


関連記事

2010. 09. 18

21度目の誕生日

うちが生まれた日。

それが今日。

たくさんの人に祝ってもらって心から嬉しかった。

生きてて良かったと思うことはあるけど

生まれて良かったと思うことはなかなかない。

でも今日こうして祝ってくれた人たちや

今まで出会ってきた人たちを思い出してみると

そんな人に出会えて良かったと

うちは生まれて良かったと

心からそう思います。

生まれて良かったと思うには

自分だけでは難しい。

だからこそ

誕生日ってみんなで祝うものなんだと思う。

祝ってくれた人たちに

心からの感謝の気持ちを込めて

「ありがとう。」

そして

うちを生んで育ててくれた両親に

心からの感謝の気持ちを込めて

「ありがとう。」


関連記事

 | ホーム |  »

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード