Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2011. 04. 29

しばらく留守にします

一応連絡。

今日から4泊5日で

東北に行ってきます。

奈良市が募集していた災害支援ボランティアで。

うちね

自分の身体で感じないとわかんない人なの。

知ったかぶりも

知らないふりも

したくないの。

なのでしばらく留守にしますが

ご心配なく。

もし何かあっても

うちは後悔しない。


関連記事

2011. 04. 29

異性愛と同性愛とそこに感じる優先順位

涙を拭いてくれる人がいたのは

いつぶりだっけ。

誰かの腕の中で強がりもせず泣いたことって

あったっけな。

もう覚えてないや。

異性愛と同性愛

そこに感じている優先順位

うちはいまだに変わってない。

異性愛の前では

うちは何歩も引きさがる。

同性愛では障害が多いから。

たぶん理由はそれ。

相手の幸せを願うと

うちは感情より理性で動く。

「好きな人を幸せにしたい」

ではなく

「好きな人に幸せになって欲しい」

と思ううちは

その幸せの中から自分の存在をなくしてしまう。

そしてその空いた空間に男性の存在を入れてしまう。

そんな話を

今まで何人かに話してきたけど

「全然わかんない」

「なんでそう思うん」

と何人もの人に言われてきた。

自分でも何度も考えてみたけど

理解も納得もできるんだけど

それでも残る劣等感に似たもの。

だめだこりゃ。

弱い自分を久々に自ら人前に出した。

すごく勇気がいった。

弱みを出して

そこを触られたら

簡単に傷がついてしまうんじゃないかって

不安だったから。

でも逆だった。

弱みを出したら

そっと両手で包んでくれた。

こんなこともあるんだな。

うちには少し優しすぎたけど。

一人じゃなく

誰かのそばで泣くのも

たまにはいいかな。



関連記事

2011. 04. 28

ちなみにオムライスでした

パソコンを開きながら

ご飯を無意識にがつがつ食べてる自分に気付いたとき

「あー・・・自分生きようとしてんだな。」

って思った先ほど。

ただお腹が空いてただけなんだろうけど

そして頭の中はご飯の味でも色でも食感についてでもなく

開いているホームページについてだっただけなんだろうけど

無意識に一生懸命ご飯に喰らいつく自分は

なんかおもしろいと思った。

まるで仕事をこなすかのように食すんだもの。

急いでるわけでもないのに。

生理的な欲求が

「生きたい。」という身体の声に聞こえた先ほど。

・・・ってか何考えてんだ(笑)

って思った今ほど。

学校行ってきます。


関連記事

2011. 04. 27

「ただいま」

学校からの帰り道。

「こんにちは。」

たまに会う近所のおばちゃんに言った。

「おかえり。」

近所のおばちゃんはうちに言ってくれた。

「ただいま。」

照れながらもうちは返した。

一瞬にして家族のような温もりを感じた。

「ただいま」の敬語ってね

とっさに思い浮かばないじゃん?

ちなみに先ほど調べたらね

「ただいま戻りました」とからしいんだけど

いやー・・・とっさに使えないしょ。

ものすごい違和感がついてきそう。

そんなわけで今まではなんとなく笑顔を返してたけど

今回無言を避けてみたら出てきた「ただいま」。

大したことない言葉かもしんないけど

一人暮らしのうちにとっちゃ新鮮すぎる。

それにただの挨拶にしては親密度高いでしょ。

家族間で使うのが常だから

家族じゃない人と使うと

今日みたいな不思議な魔法にかかっちゃうらしい。

うん

あったかかった。

今日は外に出た。

なんとなく鹿に会いに行った。

そっから学校に行った。

お昼は弁当を買って外で食べてみた。

外のが広いから。

金魚は水槽をおっきくしたらどんどんおっきくなるらしい。

だからうちも

狭い部屋にいるのはよしてとりあえず広いとこにいてみた。

やっぱり空っぽだった。

金魚はなんでおっきくなるんだろう。

おっきくなってどうするんだろう。

水槽が広がれば

金魚はでかくなる。

でもそしたらまた

水槽がちっさく感じるのに。

うちが金魚なら

世界の広さを感じていたいから

そのままの大きさでいたいな。

最後におまけで写真をぺたっ。

久々の加工品。

表現したい衝動。

kiss you


関連記事

2011. 04. 27

今日はお酒の力を借りて寝よう

実に空っぽだ。

何も起こらない日々なわけじゃない。

なのに退屈な日々。

ここ最近ずっと感じてた。

動いてても

話してても

笑ってても

生きてても

何してても

なんか自分の人生が退屈なんだ。

現在進行形である内は楽しいのに。

そしたらついに

「退屈」は「虚無」に姿を変えた。

時間の中にも

自分の中にも

感じるのは虚無。

久々に眠れない夜。

目を閉じたら

あまりの自分の空っぽさに

自分の輪郭を失ってしまうから

ついつい目を開けてしまった。

困ったな。

何がどうしたんだろう。

何をどうしたいんだろう。

わかってたら

すでにやってるっつうのに。

空っぽすぎて

しんどいのかもわからない域。

軽くて空でも飛べそうな意気。


関連記事

2011. 04. 19

見かけた方はご連絡ください

18日の夜分にどこかへ行ってしまいました。

見かけた方はご連絡ください。

“日常”の写真

一枚だけ撮るとしたら

みんなはどんな自分を撮るんだい?

うちの“日常”って何だろ。

考えてたらうちの“日常”は迷子になった。

日常にこそ表現したいものが溢れてる。

自分らしく生きてること。

隠すことなんてないんだってこと。

そんな自分には大切な人たちが

いつもそばにいてくれてるってこと。

そんな自分が好きだってこと。

どうしたらこんな日常が写真になるんだい?

日常を見せるのは難しい。

でも見せたいものは日常にある。

うちの日常ってどこにあるん?

いったいどこにうちの日常はあるん?

ところで“日常”って何なんだい?

相手の日常に入れたとき

きっとうちの日常は一枚の写真になれる。

相手にとっての日常じゃなければ

うちの日常は別世界。

日常の交点。

どこにあるんだい?

うちの“日常”を探しています。


関連記事

2011. 04. 18

「すべき」と「したい」

「すべき」と思ってしまえば窮屈になり

「したい」を思い描けば自由になれる。

対象が同じでも

どちらからも考えることができるなら

うちは自由になりたい。

もしうちの一言で

気付かせることができるなら

うちは伝えたい。

もしうちが伝えることで

しがらみから抜けだせるなら

そうやって自由に羽ばたかせたい。

自分ではできなくても

誰かにしてもらうことができるなら

その誰かになりたい。

心からの笑顔がみたい。

心からの言葉が聞きたい。

心からの悲しみに触れたい。

これって

欲張りかな。


関連記事

 | ホーム |  »

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード