Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2012. 03. 31

たびだちー!

今日

告白したその日から同棲が始まった

といっても過言ではないあきが家を出て行きました。

いってら!



別れたんじゃなくて

あきが就職の関係で神戸にて一人暮らしすることになったんでし!

出会ってまだ一年も経っていないのだけど

毎晩毎晩

一緒にご飯を食べ

議論し

ときに口論もあり

やけになり

それでも

同じ部屋で寝て

また朝には一緒にご飯を食べていました。

何度か

不愉快極まりないときには真夜中にも関わらず

「出てって。」

って言ったこともありました。

「去りたければ去れば。」

って言ったこともありました。

それでも

なんだかんだで出ていくことはなく

ずっと同じ家に暮らしておりました。

振り返ってみれば

そんな夜もあったけれど

あきと暮らし始めてからは

家も自分も明るくなり陽気になり

・・・騒がしくなりました(笑)

大声で笑ったり

ふざけたり

わけわかんない言動をしたり

そんなこともびっくりするほど増えました(笑)

4月からは

また静かな一人暮らし。

あきも初めての一人暮らし。

中距離恋愛になるけれど

それはとても良い機会で

大事な時間だと思っています。

それぞれの成長と活躍を願って。

つーしょっと


浮気すんなよーっ!↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

関連記事

2012. 03. 30

もうすぐ一年生

4月から社会人一年目なのだ!

社会人

社会といっても学校だけど。

奈良で講師としての採用が決まり

今日勤務先の学校へと行ってまいりました。

学校のことを聞いたり

自分のことを話したりしてみれば

ご縁を感じられずにはいられない

そんな学校でありました。

うきうき

わくわく。

ただ就職で必要な書類等の準備で

まだまだ

ばたばた。

落ち着きませぬ。

ところで

新たなる旅立ちということで

髪もさっぱり切りました。

カット

心もさっぱりになりました。

そして

「少年」といわれるようになりました。

いちおう22歳です。

もうすぐ一年生です。


ちなみに4月からも今の家に継続して住みます。↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

関連記事

2012. 03. 27

あなたをなんで好きかって?

突然ですが

なんだか昨今やたらあきが聞いてくるので

怒涛の旅行の日々を終え

新たな旅立ちの準備の合間ですが

なぜあなたを好きなのかと

改めて考えてみましたよー。

でも

考えれば考えるほど

実にシンプルなのでした。

というか

最初と変わんないのねー。

好きなのかどうかわからなかった当時

確信を持ったのは

なんでもないときにでも

あなたに「会いたい」と思ったことでした。

その気持ちがあれば

好きという感情を認めるのに十分でした。

つまりね

「会いたい」

と思う気持ちが今なお変わらずあることが

うちがあなたを好きだと思う理由。

答えになっちゃいないとつっこまれそうだけど

色々な話をしてきて

互いのいいとこもだめなとこも知って

大変なことも日々あるけれど

それでも変わらない大切なこと。

これがうちが返せる精一杯の答え。

本質を極める思考の能力や

あらゆる垣根を飛び越える跳躍力や

鋭い感性に憧れることもあるし

何より

うちを暗闇から引っ張りだしてくれたこと

これは非常にでかーいものだけど

じゃあそれを終えたらばいばいなのかと

そういう話になるのはおかしいし

ちょっとよくわかんなくなってきたけど

とりあえず

人間性うんぬんとか

関係性うんぬんとかで

「だから好き」

というにはなんだか足らない。

自分でもびっくりですがね。

でも

家族に対してなんで好きかを考えてみたら

やっぱり「なんで」かなんてなかなか答えられないのね。

同じように

あなたはそういう存在になっちゃったんです。

不思議なものね。

だから

もういい加減

破壊し逃げようとするのはよしてください。

あなたもうちを好きならば。

dear


うちはにげましぇん。↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

関連記事

2012. 03. 24

そつぎょー!!

3月23日

無事大学を卒業しました。

卒業式

背景も知らない人との

大学での出会い。

その出会いが

うちを支え

今のうちを築くことになりました。

いつもうちを応援してくれた

そんな多くのかけがえのない友人や先輩や後輩や先生に

感謝。

感謝。

言葉にしては伝わらないほどの

「ありがとう」。

また

そんなうちを築いてくれた

育ててくれた

両親や家族に

本当に「ありがとう」。

ふぅ。

今日は泣いたぁ。

今まで一人で流した涙とは違う涙を流したぁ。

感謝する仲間がいること

別れを惜しむ仲間がいること

離れても繋がっていると感じるであろう仲間がいること

また会おうという仲間がいること

そんな幸せな自分に

感謝。

そして最後に

いつも正直いじめられてばかりだけど

多少不器用でも愛してくれているあきに

感謝。

とにかく出会ったみんなに

ありがとう。


出てくる言葉は、ただただ「ありがとう」。↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

関連記事

2012. 03. 15

卒業間近のばたばたの日々

おひさしぶるぶる!!

まだまだ寒いね!!

久しくブログを書く暇もなく

和歌山や大阪や沖縄や愛知や飲み会に

連日足を運んでおりました。

卒業前ということもあり

そんな時間や仲間や空間

いわゆる「三間」が非常に貴重なのでありやす。

旅行中ももちろんかけがえのない時を過ごしていますが

旅行の帰り際に思うのは

一人暮らしで特にお土産を買う人がいないはずなのに

友達や実家を始め

あきやあきのご両親へのお土産を買う楽しみがある自分は

本当に幸せ者だなぁ

ということであります。

ちなみに

愛知の実家へはあきと一緒に帰りました。

うちは高校の同窓会があって一緒に過ごせない夜

うちの両親とあきは3人で楽しく飲んでた模様であります。

そしてその翌日の夜は

両親と

従姉カップルと

兄カップルと

うちらという

4カップルで一つのテーブルを囲み

わいわいしたのであります。

こんな幸せなことって

あるんでしょうか。

やはりうちは

本当に幸せ者だなぁ

とつくづく思います。

あきとの同棲生活は

職場の関係でもう少しで一時中断しますが

一緒に一人暮らしの準備を楽しんでいる渦中です。

まだまだ旅行等でばたばたしますが

また時間のあるときにブログを書いていけたらと思います。

最後におまけで

友達が撮ってくれたお気に入りショット!!

沖縄

in 沖縄。


3月11日、うちは大切な家族と一緒にいることを選びました。
震災からうちが学んだことは、大切な人を日々大切にするということ。
当たり前にいる人や隣人や他人でさえも、大切にするということ。
今死んでも悔いの残らない今を生きる。↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


関連記事

2012. 03. 03

恋人を越えた家族について

デートをするだとか

一緒にいられる時間を優先するだとか

もうそういう次元ではないのだと気づきました。

なぜならば

うちにとってあきは家族だから。

「買い物行くけど一緒に行く?」

「今日はご飯何にする?」

「旅行はどうだった?」

「楽しかった?」

その日常が

デートなどよりも贅沢な時間であり幸せな時間なのだと気づきました。

一時に何を言われても

一時にどんな扱いをされても

一時に揺らぐことがあったとしても

同じ釜の飯を食べ

同じ空間をともにし続ける。

恋人という

仮に「別れる」という選択肢がある関係ならば

おそらく

もうとうに別々の道を選んでいます。

しかしながら

親と子のように

切っても切れない関係であることを感じ

それは依存とはまた違うものであることを感じ

見守ってくれている人に時に心配をかけながらも

こうして一緒にいるのだと思います。

今まで出会った誰よりも

知れば知るほど

正直なところあきは問題児です(笑)

一方であきからみれば

知れば知るほど

おそらくうちも問題児です(笑)

互いにその腑に落ちない点を指摘できる関係であるからこそ

言っても大丈夫だと

いつか伝わるだろうと感じるからこそ

けんかにはならない程度に話し

破壊し合わない寸止めで止める。

あるいは我慢する(笑)

うちは大切な人をうちなりに大切にする。

傲慢にも

あきにも大切な人を大切にさせる。

自己中にも

うちの意味での

「大切にする」に沿ったものにすぎないけれど。

大切な存在なのに

上手く伝わらず

その結果失ってしまうなどということはさせない。

うちの

根性

忍耐

自己中

負けず嫌いさに一人乾杯(笑)

本気で「嫌い」と思われるまでは

「好き」と言われながらも一時の矛盾した言動をし

あきが逃げたくなるほどの自己嫌悪に襲われても

ニガサヘンデ。

大切な人を大切にできる自信がないと言われようと

うちはうちに自信があるから

ハナサヘンデ。

うちはうちに素直でありたい。

あなたにとっても素直な存在でありたい。

アキラメヘンデ。

あはっ。


今日はあきと一緒に一日中少女時代に浸りました。
おかげでなぜあきが少女時代を好きなのかも感じることができました。↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


関連記事

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード