Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2009. 11. 30

これがなかったら自分じゃないこと

今日大学で保健体育の模擬授業がありました。

単元は「自分らしさ」。

生徒役で授業を受けました。

「自我」「アイデンティティ-」「自分らしさ」

について説明された。

そして先生役から一つの質問が。

先生役)「じゃあこれがなかったら自分じゃないことは何ですか?」

-しばし考える時間-

先生役)「じゃあちょっと聞いてみようかな。」

-1人目が当てられる-

生徒役)「優しさ。」

先生役)「うん。じゃあ次・・・あめさん。」

あめ)「・・・。」

-10秒以上の沈黙-

あめ)「・・・女であること。」

-笑いが起こる-

そう

うちがうちであるための最低条件

それが女であることだったんです。

一生懸命考えて出した答え。

でも周りにはそう捉えられなかった。

てか笑われた。

考えたわりに出した答えがそれかよ!?

って感じで捉えられたらしい。

でもうちはその瞬間

自分の中の地雷を踏まれた気がした。

授業後

「あめ何も考えてなかったでしょ?」

って言われたりしました。

「いやでも本当だし。」

って言ったら

「そりゃ本当じゃなかったら問題だわー。」

って返された。

つまり女なのに女じゃなかったら問題でしょ

ってことなんだろうね。

またこんなやりとりもありました。

友達)「髪型って答えたらよかったんじゃない?」

あめ)「そんな浅い答え・・・。」

友達)「じゃあ女であることはそんなに重要なんか!?(笑)」

あめ)「・・・。」

全然笑えないし何も言えねぇ。

頬も口も1㎜も動かなかったように思う。

うちが女でなければ

うちはレズビアンじゃない。

みんな当り前だと思っている男と女という性別に

うちは自分らしさを感じています。

今日わかったこと。

うちとは軽々しくアイデンティティの話はしない方がいい。

それがうちと上手くやっていく秘訣。

そんなに軽いもんじゃねぇんだって。

どんな発言にも

葛藤のあとの覚悟や責任

そういう重みが人知れずついてるから。

だから

そういう話を軽々しくしないでくれ

・・・と静かに心を閉ざしたのでした。


関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/117-ab87001b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード