Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2010. 01. 26

心と身体とその「間」

自分が性同一性障害なのか

まだ知識も身につけていないけど

自分なりにちょくちょく考えていました。

んで気づいたわけです。

もし心が男でも

そしてその身体が女でも

その不一致が自分なんじゃないかって

そう考えると心と身体が調和するんです。

言葉で表すのは難しいんですが・・・

うちは考えるときに

「もし心が男なら身体に違和感があるはずだ」

という一種の定義を自分の中で持っていたんです。

だからどんな視点から考えても答えが出せませんでした。

でも

「もし心が男でも身体に違和感を感じないこともあるんじゃないか」

「“心が男で身体が女”これがうちのベストなのかもしれない」

ってひらめいたわけです。

その不一致こそが答えなんじゃないかって

そんな新しい見地に至ったような気がします。

心がどちらの性なのかも定義できるわけじゃないので

あくまでも「もし」という仮定で考えていますが。

今まで性を考えるのに

「心」から「身体」へと思考は移っていたけど

それってあまりにも急といいますか遠いといいますか

・・・粗雑じゃないですか?

心と身体の間にもう一つ何かあってもいいんじゃないかな

って思うんです。

それを表す言葉がなかったから

無意識に通ってしまっているんだろうけど。

でもこの「間」が言葉にできない。

だからまだ腑に落ちません。

調和してるのか調和してないのか

そこを表す言葉がみつからないんです。

それにまだまだ言葉は足りません。

「性同一性障害」は

心と身体が「調和していない」もしくは「一致していない」

とするならば

「調和してる」自分は何て言おう・・・?

言葉遊びの始まりです。


関連記事

COMMENT▼

表現はたくさんあります。

私はこの歳になって やっと少し自分らしく生きれてると思えるようになりました。
専門用語(?)で言ったら『FtX』なのかな。
私の心は時として男であり女であり。
恋愛対象に性別の違いを感じないので そんな私を普通に受け入れられる人でないと私が疲れてしまうと思います。
見た目がどうしても女性なので せいぜいボーイッシュな格好をするくらいしかできませんが 基本はお兄系です。
人前で平気で股開いて座れる感じです。
それでもその気になれば女性の色気も出せる自分が好きです。
自分らしい自分の位置が あめさんにも早く見つかるといいなぁと 思います。

Re: 表現はたくさんあります。

> 晶☆さん

コメントありがとうございます。

「FtX」も考えたんですがどうもしっくりこなくて・・・。
だから今は勝手に「FTFr」と言っています(笑)
「Female to Freedom」です。
悩んで悩んで・・・そしたら「なんでもいいじゃん」ってなりました。
けどそこからさらに突き詰めたくなって今に至ります。
自分らしさ、磨いていきます☆

何だかその気持ち、
なんとなくなんですけどわかる気がします!!!

僕は、この今の状態が「僕」だから、違和感があるにもかかわらず、この「僕」を捨てたいとは思えません…!

> TAO.さん

お久しぶりです。

同感です。
「捨てたい!」なんて思わなくてむしろ「これが自分だ!」って思うんです。
性の枠を超えた何かがそこにはあるのかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/173-be7caf70

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード