Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2010. 04. 03

カンボジアでも自分らしく

昨日カンボジアから無事帰国しましたー。

アンコールワット

アンコールワット3回廊

ココナッツカレー

もうね

超楽しかったよ!!楽しすぎだよ!!

アンコールワットの遺跡群を観光したり

マーケットで買い物したり。

何が楽しいって

もちろん観光も楽しかったんだけど

アンコールワットの素晴らしさを語るより

うちはカンボジアで出会った人々について語りたいね。

そしてうち特有の土産話をここではしたいと思います。

とにかくアジアはすごいんだ客の呼び込みが。

土産屋さんに近づくだけでぐいぐい引っ張られるは

「オニサン」「オネサン」って声かけられるは。

うちはもちろん「オニサン!」って呼ばれることもしょっちゅうで。

確率的にいったら二分の一だね。

んでオールドマーケットっていうとこに行ったら

「オニサン、カワイイネ」ってお店の女の人に言われたわけですよ。

笑顔で返したらなんか不思議な顔してクメール語で言ってくる。

あーわかったわかった。

察したうちは自分を指してこう言いましたよ。

「Female!」って(笑)

そしたら背中をさすられる。

ほらね女性の下着してるでしょ。

そして気付いた!

「オネサン!(笑)」

周りにいた他の店の人も一緒に大爆笑。

うちも一緒に大爆笑。

もうね仲良しになりましたよ。

カンボジアに友達ができました。

マーケット以外でも「オニサン」「カッコイイネ」って言われたり

一緒に行った友達は「Your friend like a boy」って言われたり

そして一番びっくりしたのがアンコールワットの出入り口付近で

地元の若者たちっぽい人の横を通り過ぎたときのことです。

30mくらい過ぎたところで背後から大きな声でこう聞かれました。

「Are you Mafiaaaaa??」

「Noooooo!(笑)」

ってうちは手を横に振りながら笑顔で叫びましたよ。

日本ではヤンキーヤンキー言われてますが

まさかカンボジアでマフィアと言われるとは驚きです。



あとおまけでまさかの出会いを紹介します。

人間じゃなく・・・ヘビです。

水上生活の見学をしたときによったお店に女の子がいました。

そしたらその子が足元の檻から何かを引っ張り出す。

「・・・ヘビ!?」

焦ったうちらに対して女の子は笑顔で自分の首にかけるんです。

「写真撮って!」って感じでポーズもとってくれました。

そしたら次は「あなたの首にも」って感じのジェスチャー・・・

「ホントに!?大丈夫!?」って聞いたうちに対して

「ダイジョブ!!」と女の子は即答。

あなた日本語一言もしゃべれなかったじゃーん(笑)

でもまー保険にも入ってるしいっかって思って

のりでヘビを首に巻いてきちゃいましたー。

ヘビ

感想はね・・・気持良い!!ヘビ気持良い!なんか冷たくて柔らかい。

もともと結構好きだけどさらに好きになりましたヘビ。

いやー振り返ってみると

書ききれないほど本当に色んな出会いがありましたね。

でも今までの海外旅行とは少し違って

今回は海外でも実に「あめらしく」いられたことです。

むしろカンボジアの人々はリアクションが素直なので

日本よりもうちがうちらしくいられたというフィードバックを感じます。

というか

より自分というものを表現できた気がするね。

海外でも通用するぜこの自分!

しかも「カッコイイ」って言ってくれるぜ!

うちがうちらしくいられるのは日本に限らない。

なんだか自分に無限の可能性を感じてしまった。

実におもしろいね。


関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/246-f837ea29

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード