Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2010. 04. 12

石投げられたら種投げ返せ

話を聞く時に気をつけてること。

まず

とにかくまず

うちは相手が何を求めているのか考えます。

意見が欲しいのか

ただ聞いて欲しいのか

ね。

他にもいっぱいあると思うけど。

そしてなるべく

一度エゴを消します。

自分の考えを相手に理解させたいだとか

自分をよくみられたいだとか

自分が正しいと思うことを押しつけたりだとか

そういうのは

話を聞く時にはきっと必要じゃないから。

もしそんなことをしだしたら

それは確実に相手のためではなく自分のためで

やりたきゃ自分が話す側のときにやったらいいんちゃうんって話。

そんときは聞く側は「うんうん」って頷いてればいいんちゃうんって話。

相手が何を求めてるか

細部は異なるけど

きっと大本は同じで

きっとみんな自分の中では本当は答えが出ていて

「いんじゃない」とか「思いっきりやったらいいじゃん」

って背中を押してもらうことを

どこかで望んでるんだと思う。

その背中を押す力加減は難しいと思いがちだけど

でも実はそっと寄り添うだけで

何もしなくても勝手に一人で歩いていくもので

もしそれで歩いていかないなら

その程度のことだったんだと思う。

それならそれでいいんだと思う。

ただうちは

その一時に寄り添うのが好きっていうだけで

歩いていくのを見送るのが好きっていうだけで

ただそれが楽しいっていうだけ。

そんなうちも

やっぱり色んな人に背中を押されて

今こうして歩いています。

そうやってみんな

それぞれ自分の道を歩いていけたらいいし

ついでに種でも蒔きながら歩いていけたら

きっと最高だね。

そんでもしさ

歩いてるときに誰かに石でも投げられた時にはさ

石を投げ返してもおもしろくないから

種を投げ返してみたらいいんちゃうん。


関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/256-99bcf90b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード