Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2010. 05. 03

初イベントの参加感想文

ご無沙汰でした。

その間に色々なことがあって書きたいことがたまってるけど

まずは今すぐ書いておきたいことを。

初めてイベントに参加しました。

ガールズオンリーの。

行って良かったと思います。

直接肌で感じることができたから。

あくまでうちにとってのイベントの感想ですが

一言で言えば

「あー誰もうちを見てくれない。あーうちは誰も見ていない。」

って感じ。

「ボイタチなの?」

「フェムがタイプなの?」

あーそんなふうにしかうちは見られないのか。

「何歳ですか?」

「イベント何回目ですか?」

あーそんなことしかうちは聞けないのか。

うちはこの空間では自分を表現する能力も

相手を知る能力も皆無だな(笑)

イベント行って解放されることなんてうちにはなくて

逆に縛られてしまった。

いつよりも誰よりも。

ごめんけどうちは「ボイタチ」じゃないんだ。

「あめ」なんだよ。

ちなみに「ボイタチ」とは

「見た目がボーイッシュなタチ(男役)」らしいですよ。

いやー

外見や同性間の性役割で振り回されるのはうちはごめんだな。

初対面でそうやって分類されるのはなんとも不愉快だったので

うちはもうこの空間で話すのをやめました。

イベントがどうだとか

そこに参加している人がどうだとか

そんなことを言ってるわけじゃなくて

うちはただ

「あーうちはめちゃくちゃおもしろい日々を過ごしてるんだな」

って実感しました。

うちの場合

イベントには解放も個性もなくて

あるのは逆に束縛と分類でした。

それで気づいたんだけど

実は個性として見てくれるのは

社会の方だったりするのかもしれない。

うちはこっちのがずっとのびのびしていられます。

みんな「あめ」として見てくれるからね。

「ボイタチさん?」なんて言われないからね(笑)

異性愛者による「同性愛者」のレッテルより

同性愛者による「ボイタチ」のレッテルの方が

ずっとうちにはめんどくさいよ。

ちなみにうちはどうもこれらの表現

タチとかネコとかの用語が苦手で自分では使ってません。

てか

「で?」

ってなっちゃうんだよね。

「それで何がわかるん?」

って。

「それより大事なことないですか?」

って。

そんなこんなでそれには妙にこだわりのある自分。

あー

話がずれちゃいましたが

とにかく

良い経験でしたよ。


関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/274-60e103b5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード