Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2010. 06. 07

柔らかくて真っ直ぐな人間

何かに対して意見を持ったとき

そこに自分というものがあるようだけど

実は一方で自分を否定しているような気がします。

「こうしたい」という思いを抱いたとき

それはそのときの自分の考えであって

そのときでない自分が

「こうはしたくない」ということを

やっていたりします。

「こうしたい」と思っていたことが

視点を変えた瞬間に揺らぎ始めることもあります。

だから自分の意見を持ったときに

どこか自分の一部を削らなければならないような

どこか自分を固定しなければならないような

そんな迫ってくる気持ちがあります。

色々な意見を受容しようと色々な自分をも受け入れるか

揺らぐことのない意見を持った芯のある自分になるか

うちにはどっちが大事かわからなくて

結局どっちも大事なんだと結論付けます。

言葉が増えれば増えるほど

このジレンマにも似た感覚は増えていくけど

それでもうちは語り続けることはやめません。

自分の意見を持った分だけ

他人の意見も受け止める。

そうすればきっと

柔らかくて真っ直ぐな人間になれるはず。


関連記事

COMMENT▼

ただ、
自分の命、揺らしてるだけ~揺らしてるだけ~
by浅井健一
です。
確かなものは
それだけ。

Re: タイトルなし

> バニラさん

「命を揺らす」ってなんだか不思議な表現ですね。
確かなのは「生きてる」ってことでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/305-1833e813

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード