Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2010. 09. 19

幸せの感度

教育実習が始まって

うちがあきらかに成長を感じるもの。

それが幸せの感度。

言葉と気持ち

それとふれあい

つまり愛があれば

心から幸せだと感じます。

今までわかっていたつもりだった。

当たり前のことが幸せだってこと。

でもそれを感じる能力が未熟だった。

「いかに死ぬかを学べば、いかに生きるかも学べる」

『モリー先生との火曜日』といううちが大好きな本の中の言葉。

その本を読んで以来

「死」というものを意識するようになった。

でも一方で「生」というものを意識することは難しかった。

だからさらに「死」というものを意識することで

間接的にそれを感じようとしてきた。

いつ死んでもいいように生きようって。

今はただ

純粋に生きてる幸せを感じられます。

「死」を通してではなくね。

うちのこの“性”は

うちに“生”を与えてくれます。

そしてこれはうちの勝手な想像だけど

おそらくうちにだけじゃなく

“生”を与えることができます。

だからうちは話すことをやめない。

話すときに声が震えても

話し終えたあとに手の震えが止まらなくても

話すことで関係が崩れてしまう恐れがあってもね。

我慢して心が死んでいくのを見守るつもりはない。

うちは生きるために性を語る。


関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/388-98789eff

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード