Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2010. 09. 25

三週間

うちはいつも

元気をもらう側や楽しませてもらう側

であったことに気付いた三週目。

授業では専らうちが能動者。

普段の受動者ではありません。

もちろん話も聞く側ではなく話す側。

自分の話す技術のなさや演じる能力のなさに直面。

うちに人を元気にさせる力や楽しませる力はあるんだろうか。

自分の殻を未だに破れず謎に包まれたまま。

でも

無理をするつもりはありません。

ただ

自分が変わりたいと思うところは

自分の意志で変えていきたいと思います。

誰かに要求されてではなく自分の要求によって。

「変わりたい」と思えばきっと変われるはずだから。

受動者になり続けた今までは

それなりの意図があってなった結果。

つまり自分の生き方であったりもします。

その自分の信念にも似たものは

先生という立場においても大切にしたいと思います。

先生によってさまざまな持論を持っています。

だからうちもうちの持論を持ちます。

先生という型にとらわれず

先生の理想像に振り回されず。

うちはうちらしい先生を築きます。

うちにしかなれない先生をね。

あと一週間となってしまいました。

うちがどんな先生として存在しているか

答えはきっと生徒一人ひとりの中。

存在自体していない生徒もいるだろうけど

一人でも心に残るような出会いができたなら

うちは教育実習に来た価値があると思っています。

ちなみにうちは

そんな出会いや発見が山ほどあるから

まだ教育実習を終えていないんだけど

存分にその価値を感じています。

だからこそね

自己満で終わりたくないよね。

せっかくなら

何か残していきたいよね。


関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/392-cf27f1d9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード