Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2010. 12. 03

祖父母の反応

昨日のこと。

母からの電話。

「おじいちゃんとおばあちゃんにあめのことを話したよ。」

とのこと。

好きになるのは女性であるということを含め

今までのことやこれからのことを。

実はこれ

うちが母にお願いしたこと。

母から

「おじいちゃんとおばあちゃんに話してみない?」

と以前に提案されました。

母がそう言うならきっと大丈夫なんだろうと

それでもしも上手くいかなかったら

そのときはそのときだと思い

ためらうことはもうやめてお願いしました。

ちなみに自分で話さなかったのは

やはりうちから突然話すより

親と子という長い歴史をともにした母からのが

きっと伝えるのは上手だろうと思ったからです。

じいちゃんとばあちゃんは

うちの体のことを気にかけてくれた。

「元気にしてるんだな」

それがじいちゃんとばあちゃんの反応だった。

未知の世代だった。

だから反応も不安だった。

でも母の電話の最後は

「大丈夫だったよ。」だった。

でもこんな話もあった。

じいちゃんとばあちゃんは知識がないことを口にした。

それは

うちにとって少し寂しい言葉だった。

わかってるよ。

うちのことをもっと理解しようとそう言ってくれてること。

でも

じいちゃん

ばあちゃん

うちはうちだよ。

じいちゃんとばあちゃんの孫のあめだよ。

小さい頃からずっと見守り育ててくれたあめに

変わりはないんだよ。

「同性愛」という事実に

うちが見えなくなってはいないかな。

悲しい顔はしていないかな。

祖父母の反応に

嬉しい半面寂しさの残る

複雑な気持ち。

笑みではなく涙がこぼれる

複雑な気持ち。

でもこんなとき

どうしたらいいかうちは知ってる。

いつもの笑顔でこう言えばいい。

じいちゃん

ばあちゃん

うちは元気だよ。

毎日毎日

元気にやってるよ。

これからも応援してね。

だから

体に気をつけて長生きしてね。


関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/458-d47fc6a1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード