Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2011. 03. 17

温かさを感じた街頭募金でした

初めて街頭募金をした。

駅前で募金を呼び掛けた。

色んな人がいた。

道のど真ん中で車を止めてお金を渡してくれる人

自転車から降りてお金を入れてくれる人

信号待ちの間に募金の準備をしてくれる人

お子さんからお年寄りまで

年齢を問わず国籍を問わず

色んな人が募金箱に想いを込めた。

「ありがとう」と言われた。

「頑張ってね」と言われた。

うちは言われる側ではないのに・・・

とは思いつつもその気持ちが嬉しかった。

街頭募金は思いのほか神経を使う。

色んな人がいるから

その人ごとに距離を測った。

近寄った方がいいか

目を合わせた方がいいか

大きな声の方がいいか

意識を向けない方がいいか

要するに

自分の思いを伝えるか

相手の意志に任せるか

もしくは踏み出す一歩のきっかけをつくるか。

それを考えながら動いてた。

機械的にやったら楽。

セリフを決めて

立つ位置を決めて

同じ事を繰り返すこともできる。

でもそれじゃうちはおもしろくないのね。

ほんの一瞬の出会いだけど

色んな人と関われてうちは楽しかった。

機械的にしてたわけじゃないけど

どの人にも共通してすることもあったよ。

まずは笑顔。

それとお礼。

・・・当たり前か。

文にしたらあまりに当たり前のことに思えてきた(笑)

でも実際にやったらそうでもない。

目の前を歩いていく見知らぬ人に笑顔で声をかけること。

素通りされることを覚悟で。

広場で大きな声でお礼を言うこと。

ときには頭も下げて。

相手と場所が変わるだけで意外と非日常的な行動。

そんな関わりから感じたこと。

募金はただお金を集めるだけじゃない。

この募金箱には

お金だけじゃなく色んな人の想いがこもってる。

できれば

この想いも一緒に届けられたらいいのに。

この温かさも

この明るさも。

あまりスケールの大きな話はしない。

大きすぎて実感がないから。

だからうちの中でも色んな思いがあるけど

それはいいや。

実感がなくなっちゃうから。

人の温かさを感じた街頭募金でした。

それでいいよね。


関連記事

COMMENT▼

私もやっててすごく心が温かくなった*
色んな人の温かい気持ちが詰まった募金、しっかり送り届けよう;)

Re: タイトルなし

> sky*

うん、届けよう。
私的なことだけど、一緒に募金活動できたこと、嬉しかったよー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/523-0c5731e2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード