Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2011. 07. 31

フロンティアーあき

うちは自分を社交性が高い方だと思ってた。

相手のプロフィールや

会った回数や共にした時間

それらで関係を位置付けることはなく

また自分自身は緊張や気まずさもなく

だから特に壁もなく初対面でも接してきていた。

でも

そんなうち以上に社交的な人がいた。

あきです(笑)

「またあきですか!?」

とそろそろ突っ込まれそうですが

それだけ日々

というか一時一時に刺激を受けてるわけなので

仕方ないのです。

自分よりも社交的なあきといたら

いつしか自分もより社交性があっぷした気がする。

自身の見解では

おそらく人に対して壁はなかったものの

うちは人と距離があったのだと思う。

誰とでもオープンに話すけれど

感情や表情といったものは

需要や必要を感じなければあまり出したりはしない。

人と直に自ら触れ合うことも避けていた。

自分のテリトリーを確保しながら日々を過ごしていた。

でなければ恐かったから。

ただそれだけ。

だからオープンなフリして

オープンではなかったのかもしれない。

うちは大抵の言動を意図的にする。

あるいは何らかの意味を求める。

だから不意に何もない事象であったときは

それは反射みたいなもので。

だからそんな自分の言動にびっくりすることもある。

とにかく簡単に言ってしまえば

プライドが高く

誰かにとって理想の自分であろうと

無意識にも強制し

いつしか自身もそんな自分を望んでいた。

そんなガチガチなものこそ

一突きしてしまえばガタガタと崩れていく。

その弱さを感じていたから

うちは恐れ

守り

頑なになっていった。

そしてそれを強さとした。

それで確固たる自分が築けるならば

それで良かった。

弱さから強さを生み

その強さから強さを生み出す。

そうやって

何モノにも堪えられる自分を求め続けた。



うちは今まで以上に自分というものを感じている。

楽しければ笑い

悲しければ泣く。

触れたければ触れ

はしゃぎたければはしゃぐ。

誰かを前にしても

そんな自分の一面が

少しずつではあるけれども出せるようになった。

それはおそらく

うちが人に対して持っていた距離が

自分の一方通行ではあるけれど

縮まったということなのだと思う。

コーディネーターあき

かつ

フロンティアーあき。

おかげでまだまだ無限の可能性を自分に感じられる。

自分では気付いていないところにも

まだまだのびしろがあるのだろう。

日々気付かされ

成長することがあるのだから。


さらなる開拓を↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



関連記事

COMMENT▼

大好きな人がいる事で自分も成長していけるって素晴らしい事ですね。
お互い尊敬しつつ、助け合いながら頑張れるのって理想だと思いますよ。v-221

Re: タイトルなし

> Shaneさん

そうですね。
うちも理想としていることでした。

日々高め合っています。
うち、成長期です(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/611-28a4a1b0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード