Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2011. 08. 02

昨夜の言動の奥の話

言動の奥の話。

感覚を言葉に変換して。

「針の穴に糸を通すようだった」

とあきは昨夜を例えた。

感覚をどこまでも鋭く緊張させたまま

互いに昨夜を終えた。

忘れないうちに書いておこう。

あきが「あと2分で終わらせて。」と言ったわけを。

うちと元カノのやりとりはエンドレスだった。

うちは強引に何かするわけでもなく

真っ直ぐに貫くこともせず

先に歩くこともしない。

あきと電話するかはあなた次第だと

いつもの如くそう言いつつ

でも

元カノに何かしらの意図があったからこそ

手紙を書き

電話に出てくれ

自ら電話を切ろうともしないのだろうと

そう思ってうちは何もできなかった。

ただ待つことしか。

勘違いの優しさってやつ。

その様子をずっと黙って聞いていたあきは

それが元カノをしんどくさせていると判断し

それ故うちに「2分」と言った。

あきに怒りや妬みなんて微塵もなかった。

でもさ

あき。

うちは針の穴が二つだった。

一本の糸で全く違う位置にある二つの針の穴を通したかった。

あきが話すといつもあるモノが欠けている。

それは

うちの中のあき。

あなたの存在がいつもない。

だからもしかしたらあきには

針の穴が一つに見えてたんじゃないかな。

いや

逆に

うちがあきには一つの穴しかないと見てしまったのかもしれない。

元カノに積極的に電話することをうちが勧めていたとき

あきは優しくこう言った。

「もういいよ。任せよ。」

その言葉があって

うちはそれ以上勧めることをやめた。

そしてエンドレスに回る渦の中に入っていった。

あきには電話を終えてからほとんどうちのことは話していない。

「うん。」か黙るか。

衝突の可能性を避けてのことだった。

それと

あきの言葉に耳を傾けることが

自分が話すことよりもはるかに重要だと判断したからだった。

あきが元カノとうちのことを考えて言ってくれているのが

うちはわかっていたから。

だからうちは自分の中にある疑問を

なるべく自分なりに解釈しようと一人思考を巡らせた。

「“任せよ”って言ったからそうしたのに・・・」

と思考を止めてしまえばそれまでだけど

一つのハードルを設置してくれたんじゃないかと

電話を終えてあきの話を聞いているときに思った。

言葉を鵜呑みにしてハードルを越えられなかった自分が

どうしようもなく情けなかった。

あきの言動は心にストンと落ちる。

それがあまりに落ちすぎて痛みを感じることもある。

昨夜たくさんの色々な刺激的な言動があったけど

「幸せにできないよ。」

というあきのうちに向けられた言葉がまだ心の奥に残っている。

うちは誰も幸せにできないのかもしれない。

自身も含め。

あきの様子が落ち着いたころ

眠れないくせに目を閉じて

考えていたことはそればかりだった。

朝になって思ったこと。

一人ではできないかもしれない。

でも二人なら。

常識なんて通用せず

「バカ」の意味そのままの「バカップル」が

二人の感覚を信じて進む。



最善を尽くしているかを確かめる方法がある。

「今死んでも悔いはないか。」

そう自分に問いかける。

朝自分に試してみた。

さっぱりと濁りもなく「ないな。」と思った。

これがうちの最善。

今以上は今のうちにはない。

これがうちの最前。

うちらの最前線。

ついていくよ。

少し前を歩いてくれるあなたに。

どんなことがあろうと。

どんなことが起ころうと。

隣にいます。

静かで感じにくいかもしれないけど。

自分たちの感覚を信じて↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



関連記事

COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/613-532de501

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード