Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2011. 08. 16

昨日の昼の嬉しかった一言

結局寝たのは午前5時過ぎ。

眠気もなかったから徹夜でもしようかと思ったけど

あきが突然目覚めて「どこいるの?」と

まだ薄暗い朝の中で探すものだから

うちもベッドイン。

そういえば昨日のこと。

ブログ連続更新し続けているけど

忘れないうちに投稿。

うちにとってブログは記録の場でもあるので悪しからず。

しかもあきといるようになってから

忘れたくないことばかりが

そりゃもう絶え間なく起こるのです。

昨日の昼

あきのお母さんに再び会った。

お母さんと会うことに関しては

二人がどういう関係なのかは知らずとも

一緒に住んでいるという事実は知っているし

何度かお会いしているのでさほど気を遣わない。

しかもどうもうちらの関係を感づいている気がうちはして

でも自分から言わなければ

何も触れてはこないことはわかっていた。

なので特に会いに行くのをためらうこともなく

ただ会えたことに喜び

おいしいお食事を幸せに頂いた。

相変わらず

あきとお母さんが話しているときは

うちは介入しない。

ただともに笑ったり

視線を合わせたり

ときどき丸みを帯びた雰囲気にしたくなった時に

一言二言を言うだけ。

だからいつも以上に静かでおとなしいうち。

でも

お母さんがうちを意識しているのも感じるし

お母さんがうちといるあきを意識しているのも感じる。

儀礼的無関心といったところ。

それはお母さんがよしとしてやっていることだと思うから

うちもそれに沿って

そこに緊張を感じさせないように

お母さんから話しかけてくれる時を待った。

その時が来るには少し時間が必要だったけど

ちゃーんとやってきた。

というか

その時が来るまで

うちはその場に居座るつもりだったのかもしれない(笑)

会話の数も言葉も多くはない。

時間の割にそれだけなん!?

と突っ込まれてしまいそうなほど。

でも

その絞り出された一言一言が

いかに繊細で思いがこもっていることか。

お母さんとの別れ際

お母さんはうちに向かって言った。

「何かあったら相談しにおいでね。」

「あきをよろしくね。」

そして車で我が家に帰るうちとあきを

わざわざ外にまで出て見送ってくれた。

お母さんありがとう。

同じ空間にいるにも関わらず

あまりに静かでさり気なく姿を消すため

うちがどこにいるのか

ついにはお母さんにまで聞かれてしまったけど

うちはどこにいても

実はお母さんを意識してました。

どこにいるのか

何を見てるのか

どんな思いなのか。

だから余計に自分は音を立てず身を動かさず

周りを全身で感じようとするうちなのでした。


お母さんの足のけがが、
早く、無事に治りますように↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



関連記事

COMMENT▼

私が想う以上に・・・

わかっているようでわかってないと改めて思う。
あめの苦しさ、孤独、いいようのない不安・・・
親でもだめな部分を、そばにいるRが理解してくれている・・・そう、思う。
「だめ」という意味は、「私が立ち入ることができない」という意味。
「親だから」ということばは時に、子にとって束縛や愛情の押し付けになる。
でも私は私の見方で、何かできることがあるかもしれない。
それが何であるか、まだぼんやりではあるけれど、見えてるよ。

今までコメントは非公開にしてきたけれど、もしかしたらこのコメントを見てくれて、また誰かとつながるかなって思った。
それにあめが堂々とやってますからね(^-^)
・・・てことで、あめ母、コメントデビューで~す・・・
なんちゃって・・・えへへ

Re: 私が想う以上に・・・

> あめ母

うちが思っていた以上に、母さんはうちをわかっていると、コメントを読んで思った。

うちもぼんやりではあるけれど、感じてるよ。
母さんだからできること。
母さんにしかできないこと。

母さんには母さんの波紋が、うちにはうちの波紋が、
そしてその波紋が重なったときに大きな波が起こるのだと思う。
なんとなくだけどそんな感じがする。

コメント公開にしてくれてありがとう。
コメントデビューおめでとう(笑)
なんちって・・・へへへ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/626-9f89d050

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード