Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2011. 09. 21

東京・横浜二人旅二日目

9がつ18にち(土) てんき:げんきをうばわれるほどのはれ

朝から仕事があるため早く起きるという姉。

しかし

ぐっすり眠っている姉とあき。

その姿を見て安心して眠れるはずはなく

少し早めに起きたうちは朝食の準備。

とはいうものの

昨夜姉がうちらのために作ってくれていた

手作りの黒豆パンとスープがあったので

温めるだけ。

それと

昨日姉に京都駅でお土産にと買ってきた

まさにトトロのメイちゃんが抱えていたような

いきいきと活力あふれるとうもころしをレンジでチン。

とうもころし

準備をしてる間に姉起床。

そしてそれを察してかあきもむくっと起き上がったが

まるでテディーベアーのように数秒座ってぼーっとしたのち

またベッドに倒れる。

その様子を終始見守るうちと姉。

声を殺して爆笑した。

しばしの二度寝のあと

とうもころしの温め具合のチェックをするため

あきはようやく起床した。

そして三人での朝食。

朝食

姉の愛情いっぱいのパンに

心まで温まるスープ。

そして一粒ずつ食べたくなるほど

自然の甘みが詰まったとうもころし。

おいしいおいしいあさごはん。

姉さん

本当にありがとうございます。

出勤までまだ時間に余裕があった姉と

しばしご歓談。

のんびりとした時の中に感じるファミリーの温もり。

いよいよ姉が家を出る。

姉とはここでお別れ。

あきが姉に話しかける。

そしてハグ。

涙する姉。

うちも何気にうるうるしてしまった。

別れを惜しみながらも

笑顔で姉は家を出た。

見送ったのち

うちとあきは姉の家に戻ってすぐさま

あきは残りのパンを手に

うちは姉が食べていいよと言ってくれたマカロンを手に

また食事の続きー(笑)

余韻に浸りながらも

昨夜の疲れも残っていたのでまたベッドへ。

そしてようやく起き上がり動きだしたのは

今日会う人との約束の30分前!

ちなみにその人は

あきがブログを通じて知り合った方で

うちは初対面だけれども

あきを通してブログや電話で繋がっていた人で

ずっとお会いしたい方だった。

(以下エウさんと書かせて頂きます。)

ちなみに歳は

うちよりもうちの母のが近い(笑)

初対面にして

待ち合わせの場所に1時間の遅刻をしてしまった。

本当にすいまてん・・・。

しかしそんなうちらを

蹴るわけでもなく刀を振り回すわけでもなく

「おめぇらなー」

と本来鋭いはずの文体を

電話で耳にしていたときと変わらぬ

優しさいっぱいの声色で赦してくれた。

そしてエウさんの車に乗り込む。

後部座席でわいわいするあきと

助手席でKYにも特に話を切り出さないうち(笑)

そんな車中

エウさんがうちに紙袋を渡す。

実はこの日はうちの22歳の誕生日。

まさか・・・まさか・・・

たんじょうびぷれぜんと!?

ぅわーぃ!

嬉しくて

一度開けて出したものの

綺麗に元通り包装しなおしてお膝の上。

大事に使わせて頂きます。

ありがとうエウさん。

さて

車で一体どこへ向かったのかというと

またまたうちは初対面なんだけれども

あきはまたまた会ったことある人で

あきから「素敵なビアンカップル」と

何度も聞いていた方々の家の近くでした。

(以下アサさんとアオさんと書かせて頂きます。)

車で待っていたところに

アサさんとアオさん登場。

一目見た瞬間に

身体に電気が走った(笑)

メンバーが揃ったところで

5人を乗せた車は横浜の中華街へ。

ちなみにうちはあき以外初対面の方ばかりだったんだけど

全く緊張することはなく

自分を飾ることもなかった。

それゆえに

KYにも話を無理に切り出そうとしなかったことは

反省し改善すべき点だと思っちょります。

はい。

しばらく車を走らせ横浜到着。

お店に入りビールとウーロン茶で乾杯。

エウさんのご厚意により

うちの誕生日に乾杯して頂いた。

心の中でうちは

今日の出会いにも乾杯した。

出会って数時間も経っていなかったのだけれど

年齢も職業も異なり

ブログをしていなかったら共通点すらないのだろうけど

その不思議なメンバーが作り出すなんとも言えない雰囲気に

楽しくて嬉しくて

幸せに酔いしれてしまった。

しかもその上に

誕生日とは知らずにアオさんからプレゼントを手渡され

もう感無量だった。

「誕生日なんだからおめぇら二人で過ごせよ」

とエウさんは何度か口にしていたけど

誕生日だからこそ

みんなで過ごしたいとうちもあきも思っていた。

さすがにみんなに祝ってもらうことなど

想定外だったんだけれど。

そんな幸せな食事を終え

次は横浜中華街をぶーらぶら。

アオさんの天然っぷりを目の当たりにする(笑)

そして

そんなアオさんの瞬間瞬間を逃さずシャッターを切る

クールだけれど愛に溢れているアサさんの姿。

さらには

その近くには必ず

どこかのボスかと思わせるほどの貫録があるエウさんの姿。

後ろからその不思議な組み合わせに

やみつきになってしまったうちとあき。

後ろから何度も隠し撮りをした(笑)

むふふ。

自分たちよりも年上の方々のそばで

若ビアンは

ぁ・・・たまにアオさんも一緒に(笑)

わいわいのびのびさせて頂きました。

横浜中華街

くまと記念撮影

そんなこんなで横浜中華街を満喫し

次はエウさんのお宅へ。

初対面のうちをお宅に招いてくれたことに

嬉しいばかり。

お宅に着いて二次会の準備をしている最中

エウさんに

「若者、来なさい。」

手招きされ部屋に閉じ込められるうち。

「若者、着なさい。」

ってことでなぜかくまの着ぐるみをこっそり着ることになる。

頭・・・重いよー(笑)

頭を支えながら部屋からくま登場。

写真撮影。

くまえま

うん

着ぐるみって悪くないね(笑)

そんなことをやってたら

エウさんが四角い箱を持ってくる。

開けてみれば

ケーキが大きなプレートを掲げて待っていた。

iphone_20110921143731.jpg

「22」のろうそくを立て

お祝いしてもらっちゃいました。

なんて・・・なんて素敵な誕生日・・・。

もう言葉にできないほど嬉しい限りで

唯一言葉にできたのは

「ありがとうございます。」

という一言でしかなかった。

あきもその横で嬉しそうに

まるで母親のように笑って見守っていた。

腹筋が痛くなるほど

声が出なくなるほど笑い

身体も心もリラックスして過ごした一夜。

最高の誕生日だった。

その夜

あきと二人になった就寝前の時間。

今日

言葉にならないような素敵な時間の中で感じた様々を

語り合って感じ合って

結局やっぱり深夜に眠りについた。

三日目に続く。



表現しきれない事を、それでもなんとか言葉にしよう。
お世話になったお三方への、せめてものお返しの想いも込めて。↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/660-bce80f36

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード