Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2012. 01. 22

オタロードでにゃんにゃん

どーもー

卒論提出を終えて久々のブログ更新なり。

卒論提出

そんなうふぁうふぁな休日

初メイドカフェに行ってきやしたー(笑)

随分年上の方と久々に遊びにお出かけ。

初詣に京都に行くかぁ

春節だから神戸に行くかぁ

メイドカフェに行くか

・・・って色々提案してくれた結果

うちは迷わず

「メイドカフェ行きましょ」

と言ったのでありやす。

だってね

だって行く機会ってなかなかないじゃん?

未知ですもの

冒険したいんですもの

知らない世界を体験したいですもの。

ということで大阪日本橋の通称オタロードへ。

そしてとあるメイドカフェへにゅーこーく!

夢の国へよーこそー(笑)

入国の際には

メイドさんに導かれるままに合言葉を言ってみる。

はい

両手をグーにしてー

手首を折り曲げてー

「にゃんにゃん。」

なんの躊躇もなくやったよ!

やればできる子なのよ!(笑)

そして出されたお水は

「初恋の味がするお水になりまーす。」

だそうです。

その後うちはデザートセットを注文。

ケーキと

ドリンクと

メイドさんとのチェキ付でありんす。

注文したコーヒーが運ばれてきたときには

「さらにおいしくなるおまじないをしたいと思います(はぁと)」

「一緒に」

ということで手振り付きのおまじないを一緒にしやした。

「おいしくなーれっ、にゃんにゃん、きゅんきゅん、びーむ!」

注文したケーキが運ばれてきたときにも

もちろん一緒におまじないしたよ。

楽しんでやったよ!

やればできる子なのよ!(笑)

なんならたまたまメイドのLIVEを注文した人がいたから

小さなステージの最前列で

ほんの少し教えてもらった即席のオタ芸もやったよ!

でもついていけなかったよ!(笑)

いやーすごいゎー。

それでも2時間弱もいればなんとなく不思議と慣れるゎー。

しかしながらなんとも違和感があることもあって

オタ芸の素晴らしい方々がうちの隣で踊っていたのだけれど

そしてその人に同調してみたのだけれど

絶対に目が合わないのね。

同じ動きしてるのに

ほんの少しも接点が生まれない。

なぜなら

おそらくメイドさん一筋であるから。

ベクトルがメイドさんにしかむいておらず

隣で同じような動きをしているうちがいても

視野にも入っていないのでしょう。

ものすごく近くにいるのに

親しみやすいようなのに

目には見えない大きな壁の存在。

隣人は隣人であるようで隣人ではない。

結局うちはその壁を乗り越えられず

少し残念なのでした。

そしてもう一つ残念なこと。

メイドさんが

メイドという役を演じる限り

うちは窮屈を感じてしまったこと。

あなたは一体誰で

うちは一体何なのか。

夢の国でも

夢に入れなかったうち。

入国しても出国しても

うちにとっては何の違いもない。

なんなら

夢の国を存分に感じられるような

異世界を体験してみたかったのだけれど。

そこにあったのは

窮屈と違和感と不思議な人間関係が存在するリアルな世界。

・・・とは言いつつ

初のメイドカフェはとても新鮮で

うちにとって貴重な経験となりやした。

色んなところに行かなければ

色んなことを自分の身体で感じることはできない。

だからうちは

色んなところに足を運ぶのでありんす。

例えそこで違和を感じたという結果であったとしても。

経験は

何よりの財産であり

そこで感じたことは

その金額以上の価値があるものであります。



とにかく今日は

オタロードでにゃんにゃんを何度もしてきたよ!

っていう話(笑)

そんな今日のブログの締めは

メイドさんとチェキで撮ったにゃんにゃんポーズ(はぁと)

にゃんにゃん



にゃんにゃん。↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

関連記事

COMMENT▼

どんな味じゃいっ。。笑

いいなー、メイドカフェ(^^)

にゃんっ、にゃんっ(//▽//)

Re: タイトルなし

> E姉

それはうちの口からは伝えられないわー。
実際自分で味わってもらわないと(笑)

Re: タイトルなし

> 秋桜さん

行ってみたらー?
必要なのは、お金と勇気と楽しもうとする気持ち。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/728-2f7faac5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード