Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2012. 02. 09

社会といっても学校だけど

「餓死することはないでしょ?」

恵まれた環境でぬくぬく育ったうちに対して投げかけられた言葉。

経済的自立の話。

この3月をもって

学生という立場から卒業。

晴れて社会人。

けれどもまずは一年契約の講師という立場から。

収入はまだわからず

今わかってるのは過去の平均的な生活費等の支出。

ようやく自分で働ける立場になり

4月からは両親からの仕送りを断ち

経済的な自立。

学生である内は

両親と数少ない口論が起こったときには

結局のところ経済的自立がないことを理由にあげられてしまい

結局はそこかと

うちは口を閉じて悔しさを噛みしめていた。

それを言われては

何もうちが言えることはなかった。

だから大学入学時

早く経済的自立をしたいと

家賃の安いところを探した。

バイトをして自分で払っていける範囲にしようと。

しかしながら

母もうちも気に入ってしまったのが今の我が家。

家賃はうちの予定よりもはるかに高い。

当初の経済的自立願望は

学生ならば勉学を

学生である今できることを

といったことを理由に

お金ではなくあらゆる価値観に身を注ごうと

いつしか消えた。

それから4年。

今思えば

やはり自分は甘かったと思うこともあり

自分で生きていけるようにと

少しずつではあるが

心の準備と生活の改善。

プレ社会人。

お金というものによって

心が貧しくならないよう

使いたいところに投資ができるようにと

そのための生活費節約を心がけ

電気のスイッチをまるでモグラたたきのように

不必要になり次第あっちでぱちっ。

こっちでぱちっ。

ちょこまかちょこまか。

自分では負担ではないのだけれど

むしろ節約は

ありがたさを感じるきっかけや

ささやかな喜びの気づきを与えてくれる嬉しいものだけれど

一緒に暮らすあきにとっては

窮屈な思いをさせてしまっているのかもしれない。

せめて収入と支出のバランスがわかれば・・・なぁ。

お互いに立場や環境が変わる時期。

二人のバランスは失わずにいたい。

立場や環境といったことで

大事なものを失いたくはない。

価値観や気持ちの変化といったものならば

わかるけれど。

表面的な物事の変化は起こるにしろ

うちの心の内は変わらず

「こうやって離婚してくんかな」

と言われてもへこたレズ。

まだ4月からの生活は具体的にはわからない。

ただの想像でしかなく

想像の変化によって心が変化するような

そんな軽い心はもっていない。

ザ・体験型人間。

そんなうちは

最近よく自分が偽善者に思えるのでした。


ちなみに奈良で講師します。↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


関連記事

COMMENT▼

離婚の危機かいな(笑)

えまは人一倍経済的自立ということに敏感だと思うよ。

お金のことでえまを傷つけたことがあるのだとしたらゴメン。

節約しているのも知っているし、ほしいものも聞いても言わない所からすると、えまなりの親に対する思いやりなんだよね。

だけど、子どもがいるからこそ頑張ってこれたのも事実。

あんまりきっぱり自立されると逆に寂しくなりそうだわ・・・

あんまりあせらないように。

No Subject

偽善者ってな、人の為に善い者って書くんだぜっ!

Re: 離婚の危機かいな(笑)

> Eママ

ふぁい!

ありがとう。

Re: No Subject

> etsuさん

発想の転換、ありがとうございます。

そういえばポスト、要チェックお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/733-2049f57b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード