Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2012. 05. 03

体感時間

珍しくちょっとした自慢。

むちゃぶりで

ストップウォッチを渡され

何も見ずとも

自分の感覚だけで

どれほど10秒を正確に刻めるかを測った昨日。

その結果は・・・

10秒10でした!

その数字を見て

誰が一番驚いたかって

もちろんうちです(笑)

誰よりも10秒に近かったよ!

びっくりだよ!

最近

心の余裕があれば

時間さえもコントロールできる自分を感じてはいましたが

まさか秒も刻めるとは・・・。

ここ最近で一番驚いた瞬間でした。

若い人ほど時の流れは早いようですが

うちは年齢に関わらず

普遍的な時を刻んでいるようです。

話は変わって

自分の過去について。

ある人を見て

自分の過去が重なることがある。

今自分が生きているのは現在という時なのに

まるで過去に立ち戻ったような

過去の自分に出会ったような

そんな感覚を味わうことがあります。

あなたはまるであの時の自分だと

そう感じることがあります。

そんな今の自分は

あの時どれほど相手を傷つけ

どれほど自分は己の心地良さや

相手の優しさに甘えていたのかと

そう感じることがあります。

ようやく傷の深さや

相手の愛の深さを

実感を持って感じられている今であります。

今更ながらようやく受けた自分への戒め。

ここで逃げたら

あの経験で何を学んだのか

元も子もないとさえ思います。

あの時以来

うちは無闇に人に近づくことをやめ

自ら触れることさえもやめ

感情を押し殺して

独りを選んだ。

自分は独りでいるべき人間なのだと。

そうして今の自分がいます。

あのとき

傷つけてしまったけれど

そんな大切なことを教えてくれた人に

感謝するばかりです。

どれほど苦しかったのか

どれほどうちの知らないところで涙を流したのか

ようやく今

実感を持って知ることができました。

それほどの思いをしながらも

辛抱強く待ち

うちの愛を信じてくれ

そしてそれに純粋に甘んじていた自分を

恥ずかしく思うばかりです。

どうか

うちから電話したときに

誰も電話に出ないで欲しいものです。

うちがアンコントロールに陥っている最中であり

誰かを傷つけてしまう時であるからです。

多くの場合は

自ら手を伸ばすときほど

自己破壊的なことはない。

だから手を伸ばすことすら

諦めた自分。

でもそれではいけないと

学んだ昨今。

迷いながらも

揺らぎながらも

自分も相手も大切にできるところを

模索しよう。

たまには

私欲にも甘えよう。

それが自分にとって意外と酷ではあるけれど。

とにかく大事なのは

たぶんアセスメント。

養おう

自己指導能力!


時間の流れを早く感じる時ほど、楽しい時はない。↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/757-b27569a9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード