Moratoriumer

今日も波に揺られて海を漂う。

プロフィール

あめ

Author:あめ
えまです。

2016年4月からオーストラリアワーホリ中。

日々挑戦。
日々感謝。


YouHood.



リンクフリーです。
いやむしろぜひ。

 

リンク

 

最新記事

 

カテゴリ

 

最新コメント

 

コンタクトはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2015. 04. 06

ご報告

大事なお知らせを今日はさせて頂きます。

2015年3月31日に

中学校の教諭という仕事を退職致しました。

どういった経緯でこの決断に至ったのかというのは

職業柄書くことも話すことも難しいのですが

どういう思いで退職を選んだのかというのは

本日の離任式でも話すことができたので

ここでも書きたいと思います。

突然のことで驚いた人も多いかと思います。

そして

「なぜ?」という疑問が浮かんだことと思います。

その答えになるかはわかりませんが

3つの「C」を大切にしていきたいと思ったからです。

その「C」とは

Chance

Challenge

Change

です。

多くのチャンスを迎え入れ

色々なことにチャレンジし

自分を変えていきたい

そして進化していきたい

という思いからです。

学校という中では

この2年間の中学校

またその前の小学校での1年間で

様々な経験をさせて頂きました。

自分でも

驚くほどの成長をさせて頂きました。

この職だからこそ

学ぶことが多くありました。

一方で

学校外については

視野も思考も人脈も閉ざされていきました。

自分が大切にしていきたいことや

自分がどう生きていきたいかといったことを

改めて考える機会となりました。

多くの方々に支えられ

こうして今を迎えています。

悔やむことは

何一つありません。

いつも

どの人にも

心にあるのは感謝の気持ちばかりです。

特に

一緒に悩み

悩み

一緒に考え

考え

それらを乗り越え

乗り越え

一緒に笑い合える日々を過ごせた生徒たちには

笑い合う

一層の思いがあります。

かけがえのないうちの出会った生徒たちです。

生徒からの贈り物

そんな生徒たちと過ごしていると

無限の可能性を感じます。

その姿を見てきたからこそ

自分はこの決断をしたのだと思います。

そんなうちを通して

また何かを感じてくれたらと

いやきっと

すでに感じてくれているのだろうと思います。

うちのこれからと

それぞれのこれからを

お互いに楽しみにしていきたいと思います。

そしてまたどこかで会ったときには

生徒の若さに負けず輝いている姿で

驚かせたいなぁ!

書きたいことは他にもあったのだけど

書ききれないので

またぼちぼちブログを更新していきます。

うちが一日で一番使うであろう言葉

うちが教諭生活3年間で一番使っていた言葉

それは「ありがとう」です。


今日も、最高に幸せです。↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

関連記事

COMMENT▼

お疲れ様でした。
「次」やで、次。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ほんとうは必要なひと

こんにちは、初めまして。何回が、新着記事を読んだことがありますが、コメントは初めてだと思います。
退職されたんですね…お疲れさまでした。今の教育現場の、精神的な過酷さは生徒も先生も保護者も、何か、言い表しようのないものに圧迫されてる感じがしています。
おそらく、としか言えませんが、今の若い世代を育て導くことができるのは、彼らにもっとも近い若い世代の教職員だと思います。
そういう意味でも、たぶん、ほんとうは必要なひと、だったんだろうなぁ~と少しばかり残念ですが、新しく自分をスタートさせることの始まり、ですね?

それが何なのかはわかりませんが、がんばってください。きっと誰かがその背中を見ているから。そんな気がします(^-^)b

長々と失礼いたしました(汗)

おつかれさん。
また落ち着いたら
話を聞かせておくれ(^^)
もう、地元にいるのかい?

Re: タイトルなし

> 悦さん

次、ですね。
前向いて歩いていきます。

Re: タイトルなし

> 鍵コメTMさん

驚かせてしまい、すみません。
多くの人に支えられ、生きています。
ありがとうございます。

Re: タイトルなし

> 鍵コメTDさん

この選択を聞き、疑問が浮かんでくる方もいるかと思います。
同じ職場の先生や生徒や保護者の方からもそうでした。
しかしながら、私自身は後悔することのない、
むしろ良い旅立ちとなりました。
この経験はかけがえのないものです。
これからの人生にも活きてくることでしょう。

後悔のない、毎日を生きていこうと思います。
こちらこそ、いつもありがとうございます。

Re: ほんとうは必要なひと

> 蜻蛉さん

こんにちは。初コメント、ありがとうございます。

正直なところ、「残念」や「もったいない」と言葉をかけてくださる先生もいました。その言葉を自信に、そして次の糧にしていきたいと思います。どのような選択でも、自分が生き生きと輝くその姿から、何か受け取って頂けたらと思います。

Re: タイトルなし

> む。さん

ありがとうございます。
しばしあっちこっちに行っているので、
また地元帰ったら連絡します。

No Subject

あらら。退職かぁ。
なかなかの決断ですね。

「次」かぁ。素敵な言葉だね。

Re: No Subject

> 通りすがりの人さん

今日は昨日の次の日。
もうすでに次は始まっているようです。

お疲れ様でした

京都教育大学から直接お話しに伺わせていただいた者です。
教員という括りですが、大切な同業者を失った気分です。

貴方が先に採用試験をパスして学校に赴任され、いまだに私は講師という中途半端な身分ですが、やはり学校社会というのはまだまだ閉鎖的ですね。
大人の一歩手前にいる子どもたちに、何をどう伝えるのか、難しいですね。これは辞めるまでの永遠のテーマなのでしょう。

さて、貴方はこれまでソトへ、つまり社会へ向けて発信し続けてきました。一学校内で終わるモノじゃない。
まだまだお若いので、いくらでも変われます。
いまはどうかわからないけれど、20年や30年後にはどうなっているんでしょう。私にはきっといい道が出来ている気がします。

離任式でのお気持ちは、察するに余りあります。
しかし、それをバネにして前へ、前へと進んでいきましょう。

Re: お疲れ様でした

> みなとさん

突然に離れてしまい、驚かせてしまいましたね。
経験しなければわからないこともありますが、すべてが自分にとってはバネとなるのだと思います。
これからの私を、また見守っていただけたらと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://moratoriumer09.blog54.fc2.com/tb.php/867-39128eaa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Flashカレンダー

 

月別アーカイブ

 

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QRコード